離婚に伴う子の入籍届

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1001743  更新日 令和4年3月24日

印刷大きな文字で印刷

父母の離婚、養子縁組、養子離縁などによって、子が父または母と氏を異にする場合には入籍届をすることにより、その父または母の氏を称しその戸籍に入ることができます。
入籍届には家庭裁判所の許可が必要ですが、必要でない場合もありますので詳しくはお問い合わせください。
岐阜市へ届出の場合は、市民課(市役所本庁舎1階)または各事務所に届出してください。
土曜、日曜、祝日、夜間など閉庁時間は事務所での受付はできません。市役所本庁舎へお越しください。

届出の期間

特に期限はありません。入籍届を出された日が入籍の日になります。

届出人

入籍する人(15歳未満の場合は法定代理人)

届出に必要なもの

  • 入籍届書
  • 届出人の印鑑※
  • 戸籍謄本(届出地に本籍がない場合のみ)
  • 氏の変更許可の審判書の謄本(不要な場合もあります)

 ※印鑑は任意です。

こんなときに入籍届が必要です(一例)

父母が離婚したとき

父母が離婚をした後、母(父)の戸籍に変動があった場合でも、その子の戸籍には変動がなく、氏にも変更はありません。
その子の氏を離婚後の母(父)と同じにし、その戸籍に入るためには入籍届が必要です。
この場合、家庭裁判所の許可が必要です。

母(父)が再婚したとき

連れ子がいる母(父)が再婚し戸籍に変動があった場合でも、その子の戸籍には変動がなく、氏にも変更はありません。
その子の氏を再婚後の母(父)と同じにし、その戸籍に入るためには入籍届が必要です。
この場合、家庭裁判所の許可が必要です。

父母が養子縁組をしたとき

父母が養子縁組をして戸籍に変動があった場合でも、その子の戸籍には変動がなく、氏にも変更はありません。
その子の氏を縁組後の父母と同じにし、その戸籍に入るためには入籍届が必要です。
この場合、父母婚姻中に限り家庭裁判所の許可は必要ありません。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

市民課
〒500-8701 岐阜市司町40番地1 市庁舎1階

電話番号
  • 住民票、戸籍謄本、印鑑登録証明書等の取得:058-214-6175
  • 住所の異動:058-214-2854
  • 戸籍の届出:058-214-6174
  • 印鑑登録:058-214-2859
  • 外国籍の方:058-214-2854
  • マイナンバー(個人番号):058-214-7553
  • 住居表示:058-214-2853
  • パスポート:058-214-2861

市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。