依存症を知っていますか?

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1027216  更新日 令和6年6月4日

印刷大きな文字で印刷

依存症について

 依存症とは、「社会生活に支障をきたしているのに、特定のもの、特定の行為を繰り返し、やめたくてもやめられない状態」を言います。依存しているものや行為が最優先になり、社会生活を営む上で優先しなければいけない活動を選択することができなくなります。その結果、家庭不和からの家庭崩壊、失職、多額の借金、児童虐待、DV(ドメスティックバイオレンス)、自殺など、自分や家族の健全な社会生活を維持することが困難になる恐れがあります。

 人が依存する対象は様々ですが、代表的なものは、アルコール、薬物(違法薬物、処方薬・市販薬)、ギャンブル、インターネット、万引き、借金、ショッピング、恋愛があります。

 依存症は、欲求をコントロールできなくなる「病気」です。

相談先について

 依存症は病気であるという認識を持ち、まずは専門の機関に相談しましょう。

 岐阜市保健所は最も身近な相談機関です。本人や家族からの相談に、保健師、精神保健福祉士が応じ、対応方法についてのアドバイスや、医療機関、自助グループなどの紹介などを行います。

 一人で悩まず、ぜひご相談ください。

相談先

岐阜市保健所 電話番号
地域保健課 058-252-7191
中保健センター 058-214-6630
南保健センター 058-271-8010
北保健センター 058-232-7681

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

地域保健課
〒500-8309 岐阜市都通2丁目19番地 1階
電話番号:058-252-7191 ファクス番号:058-252-0638

地域保健課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。