自立支援医療費(精神通院)申請

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013818  更新日 令和4年4月18日

印刷大きな文字で印刷

手続き・サービス等の名称

自立支援医療費(精神通院)申請

手続き・サービス等の内容/よくある質問の回答

精神科通院医療費の自己負担額が1割になる制度です。さらに、あなたの「世帯」の収入に応じて1か月あたりの自己負担額には上限がもうけられます。受給者証の有効期限は1年間です。 

届出申請期間

更新申請の場合は、有効期限の3か月前から受付可

対象者

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症、精神作用物質による急性中毒、その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する病状にある者

持ち物

  • 医師の診断書(原則として2年に1度の提出が必要です)
    ※ 主治医の判断により「重度かつ継続の意見書」が必要な場合もあります。
  • 健康保険証の写し
    • 受診者の保険証が社会保険(被扶養者)の場合、受診者の保険証と社会保険(被保険者)の方の保険証
    • 国民健康保険の方は加入世帯全員分の保険証
  • 同意書
    (対象年度の1月1日に岐阜市に住民登録がない場合は前住所地の市・県民税課税証明書が必要です)
  • 年金振込通知書(原本)または年金や手当の振込総額が確認できる通帳など(公的年金や手当を受給されている方)
  • 印かん (朱肉印)
  • 申請書 (下記窓口にあります)
  • マイナンバー制度の導入に伴う本人確認書類

マイナンバー確認書類

個人番号カード、通知カード(記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限る)、個人番号が記載された住民票の写し

身元確認書類

本人の精神障害者保健福祉手帳(写真付)など1点(運転免許証、パスポート、写真入住民基本台帳カードなどでもよいです。)

*身元確認書類がそろわないときは、以下の書類から2点でもよいです。下記の書類がそろわない場合も、ほかの書類で代用できる場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

自立支援受給者証/健康保険証/介護保険証/住民票/生活保護受給証明書/年金手帳/医療受給者証など

※平成29年11月13日よりマイナンバー制度による情報連携の運用が開始しました。一部書類の省略が可能となります。

窓口

窓口時間

8時45分~17時30分 月曜日~金曜日
(祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

手数料

無料

担当課等

部課名等 保健衛生部地域保健課
電話番号 058-252-7191
ファクス番号 058-252-0639
Eメール ch-hoken@city.gifu.gifu.jp

  • *電話、ファクスによる問い合わせは窓口時間内にお返事します。
  • *ファクスによる問い合わせは、問合せ先を明記してください。
  • *申請書・診断書等の様式については、岐阜県保健医療課ホームページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

地域保健課
〒500-8309 岐阜市都通2丁目19番地 4階
電話番号:058-252-7191 ファクス番号:058-252-0639

地域保健課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。