申請の手続き等について

申請の手続き等について
(2020年10月8日更新)
 令和元年10月1日から、子育てを行う家庭の経済的負担の軽減を図るため、幼稚園等を利用する3歳から5歳までのすべての子どもたちの利用料の無償化制度が始まりました。

 対象となるのは、岐阜市に在住し、私立幼稚園(市外を含む)にお子様を通園させている方となります。

 幼児教育の無償化を受けるには、施設等利用給付認定の手続きが必要となりますので、在園する幼稚園を通じて、市への申請をお願いいたします。

 

 制度の詳しい内容は、内閣府「幼児教育・保育の無償化 特設ページ」をご覧ください。

 

 

対象者・保育料(利用料) 

 満3歳児から5歳児(小学校就学前)までのすべての子どもの保育料(利用料)が、

月額25,700円を上限に無償化されます。

 ・満3歳児は、3歳になった日から対象となります。

 ・食材料費、通園送迎費、行事費などは無償化の対象外です。

 ・入園初年度に限り、入園料も月額に換算して無償化の対象となります。

  (月の保育料と月額換算した入園料を合計して、月額25,700円までが対象です。)

 ・保育料が月額25,700円を超える場合は、超過した分は保護者の負担となります。

 

預かり保育の無償化分を利用する場合 

  保育の必要性の認定を受けた3歳児から5歳児(小学校就学前)までの子どもたちの利用料が、

 月額11,300円(※)を上限に無償化されます。

  なお、満3歳児については、保育の必要性を受けた住民税非課税世帯の子どもが対象で、

 月額16,300円が上限額となります。

  ※ 1日450円×利用日数(月額上限額)と、実際に支払った利用実績額の低い方が限度額となります。

 

 ◇令和2年度の対象年齢

  ・保育料(利用料)

年齢

生年

所得制限

満3歳

満3歳到達日  ~平成30年4月1日生まれ

なし

3

平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ

4

平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ

5

平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ

 

・預かり保育の利用

年齢

生年

所得制限

満3歳

満3歳到達日  ~平成30年4月1日生まれ

住民税非課税世帯

3

平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ

 

4

平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ

なし

5

平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ

 

 

施設等利用給付認定の種類 

 ◇預かり保育の無償化分を利用しない方

   施設等利用給付認定・・・1号認定(満3歳~5歳)

 

 ◇預かり保育の無償化分を利用する方

   施設等利用給付認定・・・2号認定(3歳~5歳)、3号認定(満3歳で住民税非課税世帯)

 

保育の必要性の事由 

 

保育を必要とする事由

詳細

(1)就労

保護者ひと月あたりの就労時間が60時間以上(残業時間は除く)ある場合

(2)妊娠・出産

出産予定日の前後各8週間

(3)求職活動

保護者が求職活動のため、子どもを保育できない場合

(求職活動を理由にできるのは、保護者一人に対して最大3か月間のみです。)

(4)就学

保護者が就学することにより、子どもを保育できない場合

(就労と同様に月60時間以上の就学時間が必要)

(5)保護者の疾病、障がい

保護者が疾病・障がい状態にあり、保育ができないと判断する場合

(ただし、医師の証明や障害者手帳の写しが必要)

(6)介護・看護

保護者が同居する親族の介護や看護により、子どもを保育できない場合

(7)災害復旧

保護者が災害の復旧にあたるため、子どもを保育できない場合

(8)その他

上記に類する状態にあると市長が認めたとき

 

給食費の副食費の補足給付 

  ◇対象者

   年収360万円未満相当世帯の子どもと、すべての世帯の第3子以降の子ども※については、副食費 

 (おかず代等)の一部が払い戻しの対象となります。

   主食費(ごはん、パン等)は、対象外となります。

    ※第3子以降とは、小学校3年生までの子どもから順に数えて3人目以降です。

    ※詳細は、下記をご覧ください。

      岐阜市の補足給付事業について

 

無償化分の給付方法 

  ◇保育料(利用料)

無償化による給付(月額上限25,700円)は、原則として、幼稚園が保護者に代わって受領します。

 

  ◇預かり保育

    幼稚園に預かり保育に係る利用料を支払った後に、市に請求が必要です。

    園が発行した領収書等を添付して、請求書等を幼稚園経由で市に提出し、市から保護者が指定 

   する口座へ給付します。

     ※ 詳細は、下記をご覧ください。

       岐阜市の預かり保育の申請について

 

申請に必要な書類 

  ※認定は遡れないため認定希望日までにご提出ください。

  幼児教育の無償化に伴う手続きについて

  ◇施設等利用給付認定1号認定を希望の方(預かり保育の無償化分を利用しない方)

   (提出書類) (1)施設等利用給付認定申請書(1号認定用)…茶色の申請書のみ

 

  ◇施設等利用給付認定2号、3号認定を希望の方(預かり保育の無償化分を利用する方)

   (提出書類) (1)施設等利用給付認定申請書(2・3号認定用)…紫色の申請書

          (2)保育の必要性の認定事由の添付書類(下記参照)

 

   〇必要な添付書類

保育を必要とする事由

必要な添付書類

(1)就労

就労証明書(保護者一人につき一枚)

(2)妊娠・出産

家族の状況証明書(就労以外用)

母子健康手帳の写し(表紙及び出産日がわかるページ

(3)求職活動

家族の状況証明書(就労以外用)

ハローワークの発行する「ハローワークカード」の写し

(4)就学

家族の状況証明書(就労以外用)

在学証明書及び時間割表等

(5)保護者の疾病、障がい

家族の状況証明書(就労以外用)

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳等の写し

 ※病気の場合は、医師の証明が必要です。

(6)介護・看護

家族の状況証明書(就労以外用)

 ※医師の証明が必要です。

(7)災害復旧

(8)その他

家族の状況証明書(就労以外用)

その他、市長が必要と認める書類

 

 

認定内容に変更が生じた場合 

 今後、認定内容等に変更が生じたときは、「施設等利用給付認定変更申請書(変更事項届出書)」の提出が必要となります。

1号から2号への申請は15日までに園へご提出していただくと、翌月から変更となります。

  内容に変更が生じたときは、市もしくは幼稚園へお尋ねください。

 

申請方法 

  在園する幼稚園へ提出してください。

   ※ 提出の際、添付する書類も忘れないようにしてください。

   ※ 園児1名で一つの封筒に入れて幼稚園に提出してください。

   ※ 書類に不備等がある場合、幼稚園を通じてお知らせさせていただきます。

 

各種様式

   ・施設等利用給付認定申請書(1号認定用)  様式    様式  記載例     

   ・施設等利用給付認定申請書(2・3号認定用)  様式  様式  記載例

 

   ・就労証明書 様式 ・記載例

   ・家族の状況証明書(就労以外用) 様式  記載例

         ・育児休業にかかる保育継続証明書  様式 記載例

 

   ・提出書類チェック表

 

   ・施設等利用給付認定変更申請書(変更事項届出書) 様式  記載例

 

   ・預かり保育の償還払いに関する様式

     (1)施設等利用費支給申請書   様式  様式  記載例   

        ・認定保護者以外の口座に入金したい場合の委任状   様式  記載例

 

   ・私立幼稚園副食費の補助に関する書式

     (1)実費徴収に係る補足給付費支給申請書  様式 様式 記載例

     (2)実費徴収に係る補足給付費支給に伴う家族の状況調査票  様式 様式 記載例

       ・認定保護者以外の口座に入金したい場合の委任状   様式  記載例