当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

ダンボールコンポスト講座 受講者募集!~生ごみを堆肥にして、花や野菜を育てよう~

ダンボールコンポスト講座 受講者募集!~生ごみを堆肥にして、花や野菜を育てよう~
(2020年7月21日更新)

ダンボールコンポストとは、生ごみから手軽に堆肥にできるコンポストのことです。

いつもは捨てている生ごみを、基材が入ったダンボール箱に入れて混ぜるだけで、花壇や畑で使える堆肥をつくることができます!

においも少なく、1つの箱で約60kg、1日あたり300~500g程度の生ごみを、大体3~4か月入れ続けることができます。

 

ダンボールコンポストの消耗品を購入する際、その一部を補助する制度もあります。(ダンボールコンポスト普及促進補助制度)

 

あなたも地球にやさしい「生ごみゼロ」&「循環型生活」のエコライフをはじめてみませんか?

★受講者にはダンボールコンポストセットを進呈!(岐阜市在住の方1世帯につき1回限り)

講座風景かきまぜ風景

ダンボールコンポスト講座の開催案内

日程・場所・募集人数

 

○7月22日(水)13:30~15:00 ぎふメディアコスモス(10人)

○8月2日(日)13:30~15:00 東部コミュニティセンター(20人)

○8月5日(水)13:30~15:00 ぎふメディアコスモス (20人)

○8月22日(土)13:30~15:00 ぎふメディアコスモス (20人)

○8月29日(土)10:00~11:30 北部コミュニティセンター(10人)

○9月6日(日)13:30~15:00 東部コミュニティセンター(20人)

○9月12日(土)10:00~11:30 日光コミュニティセンター(20人)

○9月16日(水)13:30~15:00  ぎふメディアコスモス(20人)

○9月25日(金) 10:00~11:30  ぎふメディアコスモス(30人)

 

※応募者多数の場合は、他の日程での受講をお願いする場合があります。

※申込者がない場合は、中止します

 

受講される方へのお願い

 講座開催にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、身体的距離の確保や換気、消毒等の講座運営に努めておりますが、受講される方は、以下のことのご協力をお願いします。

 ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


●来場する前に、自宅で体温測定をしてきてください。

日、体調が悪い場合や37度5分以上の発熱の場合は、参加をしないでください。)

●マスクを着用してきてください。

●咳エチケット、頻繁な手洗い、手指の消毒をお願いします。

●会場で配布されるチェックシートの記入、提出をお願いします。

チェックシートは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためでありご提供いただいた人情報は、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供する場合がありますが、他の目的では利用いたしません一定期間経過後、破棄させていただきます。) 

お申し込み方法

・開催日時をご確認の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

受講は無料です。

・各講座のお申し込みは、開催される日の2日前までにお申し込みください。

・団体で受講希望の場合は、別途講座を開催しますので、お問い合わせください。

・講座当日の緊急連絡先 電話 090-3567-6564(NPO法人リサイクルロンドぎふ 原)

※ご注意ください※

講座の申込受付は、市役所のみとなります。下記のいずれかの方法でお申し込みください。

 

電話の場合

低炭素・資源循環課 電話 058(214)2179(直通)まで、ご連絡ください。
(受付時間は平日8時45分~17時30分)

 

E-mailの場合

タイトル(件名)に「ダンボールコンポスト講座申し込み」と明記し、受講希望日、氏名、フリガナ、郵便番号、住所、電話番号を、 tanso-sigen@city.gifu.gifu.jpまでメールで送付してください。

 

申し込みフォームの場合

下記の申し込みフォームのすべての事項をご入力いただき、送信確認ボタンを押してください。

ダンボールコンポスト講座申し込みフォーム

受講希望日
受講を希望する日を入力してください。 
開催される日の前月の8日から受付可能。
西暦
氏名
 
フリガナ
 
郵便番号
 
住所
 
アパート、マンション名もご入力ください。
電話番号
 
携帯電話番号でも可能。
Eメールアドレス
 
(2019年6月19日更新)
地球温暖化の防止にもつながる、普通ごみ(燃やすごみ)を減らすため、ダンボールコンポストで生ごみを堆肥化して地球にやさしいエコライフを実践しませんか。

プチトマトの栽培