妊婦健康診査

妊婦健康診査
(2017年4月3日更新)

妊婦健康診査

お腹の中の赤ちゃんの発育はとてもめざましく、それにつれてお母さんのからだも変化していきます。妊娠が順調かどうか、赤ちゃんとお母さんの健康チェックをしてもらうことはとても大切なことです。異常がなくても、定期的に健康診査を受けることをおすすめします。

健康診査受診の間隔のめやす(異常などある場合は医師の指示に従ってください。)

  • 妊娠23週(第6月末)まで4週間に1回
  • 妊娠24~35週(第7月~第9月末) 2週間に1回
  • 妊娠36週(第10月)以降 毎週1回

健康な妊娠・出産を迎えるうえで、出産までに14回程度の妊婦健診が望ましいとされています。(標準的な妊婦健診)

妊婦健康診査費用の一部助成について

岐阜市では、母子健康手帳(妊婦健康診査受診票14枚)の交付を受けた人を対象に、妊婦健康診査費用の一部を助成しています。

妊婦健診の健診料は自費診療のため各医療機関によって異なります。そのため、健診料が公費負担額を上回る費用や助成対象でない検査費用、保険診療で行われた検査費用は自己負担となります。

妊婦健康診査の助成内容について

平成27年度に、岐阜市の妊婦健康診査受診票(14枚)で助成が受けられる内容は表のとおりです。

 

健診内容 枚数 助成上限額

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

初回血液検査

  血液型(ABO・Rh)・間接クームス

  血糖・貧血・梅毒・HBs抗原・HCV抗体

  風疹抗体・HIV抗体・HTLV-1抗体

子宮頸がん検診

1

20,110円

問診及び診察、血圧・体重測定
尿化学検査、保健指導
超音波検査 

 4

11,150円

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

5

5,850円

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

血液検査(貧血・血糖)

1

9,110円

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

クラミジア抗原

1

9,390円

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

GBS(B群溶血連鎖球菌)

 1

9,450円

問診及び診察、血圧・体重測定

尿化学検査、保健指導

血液検査(貧血)

1

7,560円

*上記の健診内容以外の健診を実施した場合は、自己負担となります。

*上記の健診内容であっても、助成上限額を超えた場合は、自己負担となります。

助産所や県外の医療機関等で妊婦健診を受診した妊婦さんへ

医療機関窓口で受診費用をお支払いください。妊婦健康診査に係る費用の一部( 43KB )を助成していますので、申請手続きが必要です。

 

詳しくは、市民健康センターへお尋ねください。

中市民健康センター  電話 058-252-0632

南市民健康センター  電話 058-271-8010

北市民健康センター  電話 058-232-7681

外国人の妊婦さんへ For Foreign Pregnant Women

すこやかな妊娠と出産のために For Your Well-being during Pregnancy and Delivery

外国版リーフレット Foreign Language Leaflet

産まれた赤ちゃんの健康について相談したいとき

産まれた赤ちゃんが未熟児のとき

出生時の体重が2,000g以下、または生活力が特に弱い赤ちゃんで、入院治療を必要とする場合、 費用の一部が公費で負担されます。(養育医療指定医療機関のみ)

 

くわしくは、お近くの市民健康センター、又は市役所子ども支援課にご相談ください。

中市民健康センター 電話058-252-0632

南市民健康センター 電話058-271-8010

北市民健康センター 電話058-232-7681
子ども支援課(本庁舎高層部2階)電話058-214-2146

新生児の血液検査

*生まれてすぐ受ける、先天性代謝異常検査等

先天性代謝異常検査等は、生後4から7日目の赤ちゃんを対象とした検査です。
病気の中には、早く見つけて治療をはじめることにより、障がいなどの発生を防ぐことができるものがあります。先天性代謝異常検査等は、そのような病気の症状が現れる前に見つけ、すぐに効果的な治療をはじめるための大切な検査です。

赤ちゃんの健康のため、この検査を受けられることをおすすめします。

詳しくは、岐阜県のホームページ「先天性代謝異常検査等事業についてのお知らせ」をご覧ください。

なお、「先天性代謝異常等検査申込書」は、母子健康手帳に綴じこんでありますのでご利用ください。