岐阜東幼稚園ホームページ

岐阜東幼稚園ホームページ
(2017年6月8日更新)

ひがしようちえんロゴ

岐阜東幼稚園

 

〒500-8223

岐阜市水海道1-16-13

TEL:058-246-7669

FAX:058-246-9134

しゃぼんだま



1.教育目標

 やさしい心で、なかよく力いっぱい遊ぶ子

  • 自分でできることは自分でする子

  • 美しいことに感動し、 思いやりのある子

  • 見つけたり、工夫したり、 創り出していける子

  • 友達と一緒に楽しく遊べる子 

おさかな




sunaba
はっぱsomegami
「はっぱのお面だよ。」「こんな色に染まった!」


 教育目標むし
「トンネルできるかな?」           「 むしはどこかな♪」

かぞくえんそく
「家族遠足楽しかったね♪」  イチゴレストラン♪  「さぁ!あてるぞ~!」
                         
おはな

2.入園時 および 毎月の諸費用について

入園時

入園金はいりません。

制服、制帽、夏用制服、体操服、クレヨンなどで16,000円ほど必要です。

毎月の諸費用

【保育料】 市役所に書類を提出していただき、金額が決定します。提出書類は入園が決まり次第、園よりお渡しします。(上限8,500円)

【給食費】4,080円 
(但し、3歳児は10月まで3,400円となります。11月からは、4,080円となります。)

【その他】PTA会費1,400円、学習費500円、アルバム積立金など
(月によって多少異なります。)

【合 計】15,000円ほど

(金額は平成28年度のもので、年度により変更する場合があります。)


3.保育について

一人一人の子どもの興味・関心に添って

岐阜東幼稚園では、一人一人の子どもの興味・関心を大切にしながら、遊びを通して周囲の人や物事に対する意欲や、自ら行動する姿勢を育てています。

幼児期の生活の多くを占めているのは遊びです。子どもたち一人一人が伸び伸びと遊べるように、幼稚園では遊びの準備をしています。その遊びは、子どもたちの″やってみたい″″なんでだろう″という好奇心や探究心を教師が大切にし、その子どもの思いが達成されたり、 子どもの考えを子ども自身が試すことができたりするような遊びであるように心掛けています。

子ども自身が興味・関心のあることに心を動かし、自分なりに工夫したり、考えたりすることを繰り返しながら存分に遊ぶ時間を過ごす過程で、″もっとこうしてみよう″″どうして○○は△△なのかな?″と興味や物事の原因を追求しようとする姿勢が培われていきます。

いろいろな人とのかかわりを通して

幼稚園という場は、子どもたちが集団生活を送る初めての場になります。幼稚園では、友達や教師、保護者の方々、小学生、地域の方など、いろいろな人との十分なふれあいや直接体験を通して、豊かな心を育むことを重視しています。

幼児期に一緒に過ごす人とのかかわりはとても大切で、幼稚園では教師や友達が一緒に生活をしていくこととなります。教師や友達と触れ合い、様々な遊びや活動を共にする中で、子どもたちは色々な感情を体験していきます。

誰かと一緒に遊ぶことが楽しかったり、自分の思い通りにいかなくて怒ったり、友達に優しくされて嬉しかったり、友達に優しくすることを心地よく思ったりなど、友達とのかかわりを通して自分の気持ちを表現すること、調整すること、折り合いをつけること、思いやることを学んでいきます。その過程で、自分の気持ちだけでなく、相手にも気持ちや思いがあることも知っていきます。

また、集団生活の中で、順番や約束事を守ることや、決まりに対する必要感を感じられることをゆっくりと育んでいけるようにします。

そのために、子どものペースを大切にし、生活はゆったりとした流れを大切にしています。

 
たまねぎ
   苗植え「こうやって植えるんだよ。」     玉ねぎの収穫
 
 地域の方のご協力をいただきながら、泥んこ遊びや田植えの経験をさせていただいたり、畑で夏野菜や冬野菜を親子で育て、収穫したりしています。

保育時間

 8時40分~14時30分 (月曜日~金曜日)

 ※送迎バスはありません。原則、保護者付き添いによる徒歩または自家用車等による登降園です。

降園時間について

 3歳児は、園の生活に慣れるまで、入園後1ヶ月くらいかけて、降園時間を11時00分から14時30分へと、順に延ばしていきます。

  10月まで、毎週水曜日は給食なしで、おやつを食べて、11時30分に降園します。

1日の生活の流れ 


8時40分

9時00分

11時00分

11時30分

13時00分

13時
 50分

14時
 30分

登園

視診と

身支度

自ら選んで遊ぶ遊び

片付け

皆で楽しむ

(体操など)

給食

飼育

自ら選んで遊ぶ遊び

身支度

帰りの会

学級指導

降園


給食

             給食  
 岐阜市内小中学校と同じ献立です。

 園内に調理員がいて、できたてのあたたかい食事をいただくことができます。

 また、週2回、栄養士の先生が子どもたちの食べている様子を見て、味付けや材料の大きさ・量などを把握したり、栄養についての話をしたりします。




年間行事

1学期

入園式・進級式、学級懇談会、家庭訪問、達目洞遠足、夏野菜種まき、家族遠足、保育参加(年長:田植え、年中:泥んこ遊び、年少:感触遊び)、七夕楽しみ会、プール参観、夏祭り、終業式、プール開放

 

2学期

始業式、プール楽しみ会、運動会、稲刈り(年長)、バザー遠足、金華山遠足、芋ほり、焼き芋、家族参観日、餅つき、楽しみ会、終業式

 

3学期

始業式、鬼見学(年長)、お習字の会、新入園児と遊ぶ会、節分楽しみ会、お茶の会、お別れ遠足、お別れ会、修了式・終業式

 

 その他

命を守る訓練(防災・防犯)、絵本貸出、体重測定・発育測定、交通教室、幼小交流、保育参加、個人懇談

 

園生活の様子

 毎年、3学期になると各学年の楽しみ会があります。内容は、歌や楽器のリズム打ち、劇遊びなど、毎年異なりますが、子どもたちと教師が話しながら決めたり、3学期までに楽しんできたことや、できるようになったことを取り入れたりしています。楽しみ会当日は、保護者の方に見ていただきます。
 幼稚園では、教師主導ではなく、子どもたちが主体的に取り組めるようにし、子どもの発想やイメージを実現できるように努めていきます。
 また、子どもたちが″楽しい!!″と感じながら取り組んだり、友達と協力して楽しみ会を作り上げていくことに喜びを感じたりすることができるように働きかけていきます。
 このように、これまでの遊びの中で培ってきた力を発揮できる場作りや、子どもたちの思いや発想、取り組みの過程を大いに認めていくことを大切にしています。
 昨年度も、2月に各学年の楽しみ会がありました。その様子や、各学年で大切にしてきたことを少しご紹介します。

          年長組
年長組の劇遊びmomotarou
『さるかにこやぎばなし』 『ももたろう』

    年中組        年少組
年中組劇遊び年少組劇遊び
 『どうぞのいす』   『いろいろおんせん』
 
 年長組は、劇遊びの題材選び、大道具や小道具を作ることなど、友達と話し合いながら楽しみ会に向けて取り組みました。取り組む過程で、子どもたちは自分の考えを伝えたり、相手の話を聞いたりし、困ったことがあれば話し合って解決しようとしたりしてきました。友達の考えを知ることで、色々な考えがあることにも気が付きました。クラスの中での自分の役割を考えて動いたり、手伝いを申し出たりするような姿も見せてくれました。こうした過程を経て、みんなで楽しみ会をやり遂げたことで、同じ目的に向かって気持ちを一つにして友達と協力することの心地よさを知ることができました。
 年中組は、友達と一緒に必要な物を作ったり、それを使って遊んだりしながら、楽しみ会でも、友達と一緒に演じることで、″一緒″であることの心地よさを存分に感じてきました。一人で遊ぶよりも、大好きな友達と一緒に遊ぶことに楽しさを見出し、友達と何かすることに面白さを感じることができるようになりました。
 年少組は、自分がやりたい役を楽しく演じることができました。日によって演じる役が変わったり、友達の様子に刺激を受けて友達と同じ役を演じてみたりしました。自分の思いを存分に発揮しながら、少し友達にも気持ちを向け始めることができました。
楽器他にも、各学年とも、歌やダンス、楽器などを楽しみました。発達や年齢に応じて、子どもたち一人一人、願いをもちながら、教師も一緒に作ったり、考えたり、演じたりすることを楽しみました。
 当日の楽しみ会後の学級懇談会では、「譲り合ったり助け合ったり、人とかかわる上で大切なことを改めて子どもに教えてもらった。」「以前の家での会話は自分のことだったのが、最近は『○○君のサル役がすごい面白いんやて!』と友達のことになってきた。」「先生が主体的になるのではなくて、子どもたちが主体的になってみんな楽しそうに演じていた。」など、保護者の方の声を聞かせていただきました。

4.ひまわりクラブ(未就園児の遊びの会)

ひまわりクラブ

・月2回ほど未就園のお子さんを対象に、遊びの会を行っています。

(基本的に第1・第3火曜日、9時45分から受付です。おやつ、保険代を含み150円徴収)

・幼稚園の保護者の方たちが、ボランティア活動の一環としていろいろな遊びを提供し、一緒に遊びます。

・保健師さんや園長による育児相談も行っています。
 

ひまわりクラブ年間予定

 月

 内容 

 5

16日(火) 

 戸外遊び
(雨天の場合室内)

室内や園庭で遊ぼう

 6

6日(火)

 戸外遊び
(雨天の場合室内)

砂や泥で遊ぼう

20日(火)

 室内遊び

遊戯室で遊ぼう 

 7

 4日(火)

戸外遊び

水遊びをしよう 

19日(火)

 なつまつり 幼稚園のなつまつりに参加しよう 

 9

 5日(火)

 室内遊び

遊戯室で遊ぼう

19日(火)

 戸外遊び
(雨天の場合室内)

園庭で遊ぼう

 10

 1日(日)

 運動会
(長森東小校庭)

ひまわりオリンピックに参加しよう 

17日(火)

 リトミック

リトミックの先生が
来てくださいます 

 11

 7日(火)

 室内遊び

木の実・葉っぱで遊ぼう

 21日(火)

 芋ほり

親子で芋ほり 

 12

 5日(火)

 製作遊び

クリスマスの製作をしよう 

 19日(火)

 楽しみ会

 クリスマスの楽しみ会をしよう

 1

 16日(火)

 室内遊び

遊戯室で遊ぼう 

 2

 6日(火)

 リトミック

リトミックの先生が
来てくださいます 

 27日(火)

 室内遊び

 遊戯室で遊ぼう

 3

 6日(火)

最後の
ひまわりクラブ

身長・体重を測定して記録を残そう 

 

 

5.一時預かりについて

平成28度4月から一時預かり事業が始まりました。以下が詳細になります。

預かり時間

降園(14時30分)~17時00分

対象児童

在園児のみ
(※3歳児については、2学期からの利用開始予定です。)

利用料

1回250円

6.保護者の声より

☆子どもの心によりそった教育が魅力的な岐阜東幼稚園。恥ずかしがりやで消極的でマイペースな娘が「私は○○したい!」と自分で考え、皆の前で言えるようになりました。幼稚園での生活、遊びの中で自然に学んだことだと思います。
 また、ひとつの行事に対して、教師の一方的な発信ではなく、子どもと一緒に考えて作り上げるところが素晴らしいです。
 岐阜東幼稚園は、少人数なので親も子も皆の顔が分かります。他学年との交流が多いので、思いやりの心も育ちます。個性を受け入れ、子どもの声に耳を傾け、やさしく包んでくれる家族のような幼稚園で、とても安心しています。
 さまざまな体験、経験が生きる力をはぐくむのだと思います。子どもが子どもらしく輝ける場所、この幼稚園に出会えたことに感謝しています。
                             (5歳児 母)
                                                             おはな   
☆次女が入園の時に引っ越して来た私がこの幼稚園を知ったのは、ご近所の人の「保育料が安いよ!」の一言でした。実際入園して、岐阜東幼稚園の教育方針や内容の良さがわかり、3人目の子どもも通わせました。
 五感をフルに使って遊んだり、四季折々の自然と触れ合ったり、地域の方々と交流したり・・・。それらを通して、自分で考え行動することや人とのかかわり方などを学んでいます。
 園行事も子どもが主体で、中でも学年末に行う「生活発表会」は、一人一人のオリジナルな発想が大切にされながら、みんなで創りあげるすばらしいもので、子どもたちの成長を実感できました。
 また、小学校のようにPTA活動もありますが、子どもたちのためにお母さん方が笑顔で一緒にがんばっていることもとても素敵だと思います。
 送迎バスはありませんが、親子での登降園は、子どもとの会話を楽しむ時間になります。担任の先生とも話したり相談したりすることができるので、とても安心です。
 就学前の3年間、宝物のような時間を親子で過ごしました。
                              (5歳児 母)


おはな


7.交通アクセス

 
  • 岐阜バス 聖徳学園大線    水海道バス停下車 北へ徒歩3分

  • 岐阜バス 尾崎団地線      佐兵衛新田下車 南へ徒歩5分