妊娠期

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1003598  更新日 令和3年9月22日

印刷大きな文字で印刷

妊娠おめでとうございます。
出産・育児に備えて、赤ちゃんの発育や母体の健康に気を付けた食事を心がけましょう。

妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針

妊娠期および授乳期の望ましい食生活のために、厚生労働省より「妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針」が発表されています。
妊娠期および授乳期は、お母さんの健康と赤ちゃんの発育にとても大切な時期です。この指針では、妊産婦が注意すべき食生活の課題を明らかにしたうえで、妊産婦の生活全般及びからだや心の健康に配慮した10項目を設定しました。

妊産婦のための食事バランスガイド

『食事バランスガイド』とは、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかが一目で分かる食事の目安です。「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5グループの料理や食品を組み合わせて採れるよう、コマに例えてそれぞれの適量をイラストで示しています。コマ本体は1日の食事、中心軸は水分、コマはそのエネルギーで回転(運動)します。

妊娠中の食生活で気を付けてほしいこと

妊娠中には、特に注意が必要な食中毒菌がいるほか、避けたほうが良い食品もあります。また、冷蔵庫での食品の保管も食中毒菌を防ぎきることは難しいため、食べる前には十分加熱が必要です。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康増進課
〒500-8309 岐阜市都通2丁目19番地 4階
電話番号:058-252-7193 ファクス番号:058-252-0639

健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。