100年フード 岐阜の鵜匠家に伝わる鮎鮨

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1015780  更新日 令和4年3月4日

印刷大きな文字で印刷

100年フードロゴマーク

岐阜の鵜匠家に伝わる鮎鮨

「100年フード」とは、令和3年度に文化庁が新設した制度で、地域で受け継がれ愛されている食文化が認定されます。岐阜市は、「伝統の100年フード部門~江戸時代から続く郷土の料理~」において、日本遺産「「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜」の構成文化財でもある「岐阜の鵜匠家に伝わる鮎鮨」を応募したところ、「認定」を受けることとなりました。「岐阜の鵜匠家に伝わる鮎鮨」は、江戸時代に岐阜で行われていた徳川将軍家に対する献上鮎鮨と製法が似ており、その伝統を引き継ぐものと考えられています。「家康公ご賞玩の味」として守り継がれてきた岐阜の誇る伝統の味をぜひご堪能あれ!

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化財保護課
〒500-8701 岐阜市司町40番地1 市庁舎10階
電話番号:058-214-2365 ファクス番号:058-263-6631 

文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。