当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

観光情報

岐阜市の観光案内
岐阜市ロ浪漫 
岐阜市職員ブログおすすめリンク集

美しい夜景にうっとり・・・「岐阜城パノラマ夜景」を開催します!

 岐阜の夜景といえば金華山・岐阜城からの眺め。その美しさは広く知られるところで、全国的に名高い神戸や函館にだって負けていません。夜間営業をしている金華山ロープウェーで山頂の岐阜城へ。ここからは360度の景色を見渡すことができ、眼下に岐阜市内の繁華街のきらめき、そして遠方には名古屋市の輝きも見え、オーロラに例えられる大パノラマが広がります。美しい夜景をぜひお楽しみください。
※夜景期間中は、ライトアップを減灯します。


開催日時:・令和元年4月27日(土)~5月6日(月・休)までの毎日 午後9時30分まで
      (金華山ロープウェーは午後10時まで運行)
     ・令和元年7月13日(土)~8月31日(土)までの毎日 午後10時まで
      (金華山ロープウェーは午後10時30分まで運行)
     ・令和元年9月1日(日)~10月14日(月・祝)までの土・日・祝日 午後9時30分まで
      (金華山ロープウェーは午後10時まで運行)
     ・令和元年12月20日(金)~12月22日(日)の毎日 午後8時30分まで
      (金華山ロープウェーは午後9時まで運行)


詳しくはこちら(観光コンベンション課のページ)


 岐阜城パノラマ夜景

ぎふ長良川の鵜飼

ぎふ長良川鵜飼写真

期間:5月11日~10月15日

場所:長良川

申込先:鵜飼観覧船事務所 (電話)058-262-0104



「おもしろうて やがて悲しき 鵜舟かな」と芭蕉も詠んだ鵜飼。日本における鵜飼の歴史はきわめて古く、日本書紀、古事記にもその記述が見られます。

伝統装束に身を包んだ鵜匠が「ほうほう」と声をかけながら鵜を自在にあやつって鵜を狩る様は、見る人を幽玄の世界へ誘い、燃えさかるかがり火に古典絵巻を感じていただけます。

《詳細はこちら》

岐阜市民の方は、富山市内をお得に観光できます!

岐阜市と富山市は、平成19年12月26日に「岐阜市・富山市都市間交流協定」を締結し、両市の活性化を図ることを目的として、

商業、観光、物産等の相互交流を行っています。ぜひ富山市へ行ってみませんか。

岐阜市民の方は、富山市内の宿泊施設・乗り物・飲食店(寿司屋)を割引料金でご利用いただけます。

割引の詳しい内容、割引利用券は こちらをご覧ください。

(割引利用券は、岐阜市観光コンベンション課窓口、富山市観光政策課窓口、各対象宿泊施設窓口にもあります。)


【お問い合わせ先】
岐阜市観光コンベンション課 TEL:058-265-3984
富山市観光政策課 TEL:076-443-2072

台湾 新北市と「観光推進協力宣言」を締結!

 平成25年5月15日、台湾の新北市(本市の姉妹都市シンシナティ市(アメリカ)と同じく姉妹都市)を訪問し、当時の細江茂光岐阜市長と朱立倫新北市長によるトップ会談が行われました。 
 そこで、両市相互に観光資源を紹介することなどで、両市市民の交流が深まることを願い、観光推進に協力することを確認しました。その証として同日付で宣言書(岐阜市商工観光部長・新北市観光旅遊局長)に調印しました。
 
 新北市は、台湾北部に位置する台湾最大の行政区で、首都台北市の近郊を囲む衛星都市として発展してきました。旧称を台北県といい、平成22年12月「直轄市」に昇格し、「新北市」と改称されました。
 
 新北市には、魅力的な観光資源が多く、台北市と隣接していることから交通アクセスにも優れていますので、一度訪れてみてはいかがでしょう! 
                     詳しくはこちら!
 (新北市観光旅遊網ホームページ)     

 ≪台湾全図≫               ≪九份老街≫

長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)

 長良川うかいミュージアム 

 

平成24年8月1日(水)に長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)がオープンしました。

長良川うかいミュージアムは岐阜市を代表する伝統文化である「長良川の鵜飼」の価値を分かりやすく紹介・情報発信する施設として通年営業を行い、開催時期の限られている「長良川の鵜飼」について、オフシーズンにもその魅力を発信します。

岐阜城

岐阜城画像 

 

開館時間

5月12日~10月16日 8時30分~17時30分

10月17日~ 3月15日 9時30分~16時30分

3月16日~ 5月11日 9時30分~17時30分

 

昨今の戦国時代への関心の高まりで、大きな注目を集めている岐阜城は、建仁年間(1201~1204)の築城で、戦国時代には斎藤道三公の居城でもあったところです。特に岐阜城の名を天下に示したのは、永禄10年(1567年)(一説に永禄7年)8月、不世出の英傑織田信長公がこの城を攻略し、この地方一帯を平定するとともに、地名を「井の口」から「岐阜」に改称し、天下統一の本拠地としてからでした。最上階からは、かつてここで信長公も天下を見晴らしたように、壮大な眺望を楽しむことができます。

《詳細はこちら》 

岐阜城資料館では「GIFUスマイルフォトスポット」として戦国時代と現代がチグハグになったトリックアートが楽しめます。写真を撮ってSNSに投稿してみてください。

トリックアート1

※岐阜城資料館への入場は岐阜城入場料(岐阜城資料館と共通)200円が必要です。

「うーたん」に岐阜市特別住民票が交付されました!

 

うーたん特別住民票交付 

平成3年11月1日に誕生した、「ぎふ長良川の鵜飼」マスコットキャラクター『うーたん』。

以来、各種イベントや観光キャンペーンに参加し、岐阜市の鵜飼や観光のPRをしてくれています。

 

長良川うかいミュージアムが開館した平成24年8月1日付で『うーたん』に岐阜市特別住民票が交付され、8月5日に交付式が行われました。

 

なお、特別住民票は市民課のページからダウンロードできますのでぜひご覧ください。

 

 

特別住民票のダウンロードはこちらから(市民課のページへ)

岐阜市観光ボランティアガイド

岐阜市まちなか案内人 

岐阜市まちなか案内人写真  岐阜公園や川原町周辺等では、観光ボランティアガイド「岐阜市まちなか案内人」が無料観光案内を実施しています。 岐阜市を観光される際に水色の帽子・ウインドブレーカー(またはポロシャツ)を着用し、名札を付けた「岐阜市まちなか案内人-GIFU CITY GUIDE-」を見掛けましたら、お気軽にお声をかけてください。詳細はこちら》

岐阜市の「まちなか観光」

時間刻みで観光地をただ見てまわるのではなく、ゆったりとした時間の中で、そのまちの歴史・文化や暮らしに触れ、体験する「スローツーリズム」という考え方が近年広がりつつあります。岐阜市ではこうしたニーズにお応えするために「まちなか観光」を楽しんでいただくための支援ツールを充実させています。「まちなか観光」の一環として、旧岐阜町と川原町で散策コースをつくりました。あなたのお好みのコースを選んで、ゆっくりと岐阜を歩いてみてください。

(1)川原町コース 表面(2408KB) 裏面(1348KB)
(2)文学の道コース 表面(3669KB) 裏面(1303KB)
(3)戦国の道コース 表面(3745KB) 裏面(1661KB)
(4)御鮨街道コース 表面(3672KB) 裏面(1172KB)
(5)水の道コース 表面(3678KB) 裏面(1385KB)

その他、まちなか観光についての詳細はこちら

 

●ぎふ・まちなかレンタサイクル

利用料金は1日1回100円と格安で利用できます。連続利用は2日間まで。

詳細はこちら(レンタサイクルご利用方法)をご覧下さい。

レンタサイクルの問い合わせ (一財)岐阜市にぎわいまち公社:TEL058-266-1377

おすすめリンク

 
























(2015年6月1日更新)

岐阜市の観光動画

岐阜市では、平成26年2月20日から、「You Tube(ユーチューブ)チャンネル」を開設しました。観光やイベント等の情報発信をしております。
下記URLからアクセスできますので、ぜひご覧ください。

岐阜市公式You Tubeチャンネル