道がくらしを運びます 道が笑顔を運びます

道がくらしを運びます 道が笑顔を運びます
(2009年1月14日更新)

 道は、私たちの毎日の生活に欠かすことができません。しかし、空気のようにあまりに身近すぎてその重要性が見過ごされがちです。
 8月1日から31日までは「道路ふれあい月間」、8月10日は「道の日」です。道と生活とのかかわり、魅力ある地域づくりのための道路の役割などについて、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

道路ふれあい月間

 安全で快適な道路環境を保持し、また、道路利用者の皆さんに対して、道路の正しい利用を啓蒙するとともに、道路愛護思想を普及するために、昭和33年より実施されております。

道の日

 道路の意義・重要性に対する意識を高めていただくために制定され、8月10日に定められたのは、「道路ふれあい月間」の期間中であること、大正9年8月10日に、初めて道路整備についての長期計画である「第一次道路改良計画」が実施されたことに由来しています。