デジタル・シティズンシップ教育推進に係る連携協定を締結しました

デジタル・シティズンシップ教育推進に係る連携協定を締結しました
(2021年8月6日更新)

 令和3年7月29日、岐阜市教育委員会と岐阜聖徳学園大学及び岐阜聖徳学園短期大学部とのデジタル・シティズンシップ教育推進に係る連携協定の締結式が行われました。
デジタル・シティズンシップとは、デジタル時代における、民主的な社会の善き担い手となる市民を育成するための考え方です。
岐阜市と岐阜市教育委員会と岐阜聖徳学園大学及び岐阜聖徳学園短期大学部とは、平成28年3月2日に包括連携協定を締結しており、協定書内の連携・協力内容の1つに「教育、子育て支援に関すること」を掲げていることから、本協定はその内容に依拠する形で締結されました。

なお、本協定は全国初の試みであり、両者の連携・協力内容としては、以下の4点から構成されています。
(1)岐阜市の学校教育におけるデジタル・シティズンシップ教育推進の全体構想に関すること。
(2)教職員の情報活用能力の育成に関すること。
(3)児童生徒の情報活用能力の育成に関すること。
(4)教職を目指す学生等の情報活用能力の育成に関すること。

 

デジタル・シティズンシップ教育推進に係る連携協定書_s.pdf( pdf : 128KB )