令和3年度 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

令和3年度 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について
(2021年7月16日更新)
  新型コロナウイルス感染症の影響により、事業収入等の減少などが見込まれる世帯で、次の要件を満たす方は、後期高齢者医療保険料の減免が受けられます。

1 対象者と減免額

(1) 同感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯の方

  同一世帯に属する被保険者の保険料を全額免除

 

(2) 同感染症により主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれ、次の全てに該当する世帯の方

 ア 令和3年の事業収入等の減少額が、令和2年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

  (事業収入等とは事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれかを指します。)

  ※但し、収入減少により受け取った保険金、損害賠償金等は収入に含まれます。

   また、国や県の各種給付金は収入に含まれません。


 イ 主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること。


 ウ 減少することが見込まれる所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

 

       <主たる生計維持者とは>

   世帯の主たる生計維持者とは、基本的には「世帯主」のことを指すものとされています。

   ただし、世帯内の収入実態によっては、同一世帯内の後期高齢者医療制度の被保険者に

   限り主たる生計維持者と認める場合もあります

   この場合、申立書(下記のケ参照)を提出してください。

 

      保険料の減免判定フローチャート

 

減免の対象となる保険料額の算出

 減免の対象となる保険料額=A×B÷C

A 同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額
B

被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得額

(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)

C 被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属するすべての被保険者につき算定した令和2年の合計所得金額

 

減免額の算出

 減免の対象となる保険料額 × 減免割合

  

世帯の主たる生計維持者の

令和2年の合計所得金額

減免割合
 300万円以下 全部
 400万円以下 10分の8
 550万円以下 10分の6
 750万円以下 10分の4
1000万円以下

10分の2

 

   ※但し、世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、令和2年の合計所得金額に

   かわらず、減免の対象保険料の全部が免除されます。

   詳しくは、福祉医療課(後期高齢者医療係)までお問い合わせください。

  

2 対象保険料

  • ①令和3年度分保険料であって、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されている保険料
  • ②令和2年度分保険料であって、令和2年度末に資格を取得したこと等により令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されている保険料

       ※①②とも該当する場合は、令和3年度分と令和2年度分、それぞれ申請が必要になります。

   ※②の場合、「令和3年」を「令和2年」、「令和2年」を「令和元年」に読み替えてください。

 

3 減免申請期限

 

  申請期限:令和4年3月31日まで

 

4 必要書類

<提出書類>

 

 ア 後期高齢者医療減免申請書 (pdf) (word)

    【記入例】【令和3年度分】後期高齢者医療保険料減免申請書

 

 イ 新型コロナウイルス感染症の影響による事業収入等の収入申告書 (pdf) (excel)

   【記入例】 新型コロナウイルス感染症の影響による事業収入等の収入申告書 

 

 

<添付書類>

 ウ 新型コロナウイルス感染症のり患を証明する書類(死亡診断書、医師の診断書など(写し可))

 

 エ 新型コロナウイルス感染症の影響が確認できる事業の令和2年中の収入状況がわかる確定申

   告書、住民税申告書、収支内訳書、給与明細書、源泉徴収票など(写し可)

 

 オ 新型コロナウイルス感染症の影響が確認できる事業の令和3年1月以降から提出日の直近の月

   までの収入状況がわかる帳簿や通帳、給与明細書など(写し可)

 

 カ 廃業届、離職票、雇用保険受給資格者証など(写し可)

 

<その他>

 

 キ 新型コロナウイルス感染症の影響に係る保険料減免の提出書類チェックシート

 

 ク 新型コロナウイルスによる後期高齢者医療保険料の減免に関して(お願い)

 

  ケ 後期高齢者医療保険料の減免に係る主たる生計維持者についての申立書

         (主たる生計維持者が世帯主以外の場合のみ提出)

   【記入例】後期高齢者医療保険料の減免に係る主たる生計維持者についての申立書

 

(1)同感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病を負った世帯の方

   ⇒ 上記の ア、ウ、キ

(2)(1) 同感染症により、主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる世帯の方

   ⇒ 上記の ア、イ、エ、オ、キ

    (2) 主たる生計維持者の事業収入等の減少理由が廃業や失業の世帯の方

   ⇒ 上記の ア、イ、エ、オ、カ、キ

 

   ※主たる生計維持者が世帯主以外の被保険者の場合は申立書ケを提出してください。

 

5 申請方法

 (1)申請に必要な上記4のア、イ、キの書類は、このホームページからダウンロードできます。

 

 (2)申請期限内での申請であれば、審査の上、要件を満たす場合は減免対象となります。

     そのため、感染症対策も踏まえ、原則として郵送での申請をお願いします。

 

 (3)なお、来庁された方は、本庁舎1階福祉医療課にお越しください。

    申請書類を受理いたします。

    (但し、この場で審査はいたしません。)

 

    窓口時間 8時45分~17時30分 (土日祝除く)   

 

申請書提出先、お問合せ先

 🏣500-8701

  岐阜市司町40番地1 

  岐阜市役所 福祉医療課 後期高齢者医療係(減免申請)