岐阜連携都市圏と岐阜スゥープスとの連携協定

岐阜連携都市圏と岐阜スゥープスとの連携協定
(2020年10月13日更新)

 令和2年10月13日(火曜日)、岐阜連携都市圏(岐阜市、山県市、瑞穂市、本巣市、岐南町、笠松町、北方町)と岐阜バスケットボール株式会社(岐阜スゥープス)は、「岐阜連携都市圏と岐阜スゥープスとの連携に関する協定書」を締結しました。

連携に関する協定の概略

出席者

岐阜市:市長 柴橋 正直

山県市:市長 林 宏優

瑞穂市:市長 森 和之

本巣市:市長 藤原 勉

岐南町:町長 松原 秀安

笠松町:町長 古田 聖人

北方町:町長 戸部 哲哉

岐阜バスケットボール株式会社:取締役社長 那須 史明

目的

 岐阜連携都市圏と岐阜スゥープスが連携し、地域におけるバスケットボールの普及に向け、協働による事業を推進することにより、活力ある地域社会の形成に寄与することを目的としています。

連携事項

(1)岐阜スゥープスのPR及びチーム商品の販売促進に関すること

連携事項の具体的内容 対象 開始時期
➀自治体職員に対する観戦チケットの販促

自治体職員

2020-21シーズン~            
➁自治体職員に対するチームウェアの販促 自治体職員 2020作成分~
➂新成人へ試合観戦ペアチケットの配布 新成人 2021成人式~

➃小学1年生へ入学祝いクリアファイルの配布

※試合会場持参で無料観戦

小学1年生 2020新入生~
➄広告物の小中学校への配布 小中学生  2020作成分~ 
➅広告物の公共施設の掲示、配架 - 2020作成分~

(2)岐阜スゥープスの地域貢献活動に関すること

※内容は各自治体と岐阜スゥープスで協議

期間

 締結日(令和2年10月13日)から1年間とする。ただし、申し入れがない場合には、1年間更新とし、その後も同様とする。

協定書

岐阜連携都市圏と岐阜スゥープスとの連携に関する協定書( pdf : 44KB )