天文スタッフ日記

天文スタッフ日記

おうちでISS観望会

2020年5月29日

ようやく緊急事態宣言が解除されましたが、外出を自粛し「おうちでISS観望会」をしました。

 

皆さんは、ISS(国際宇宙ステーション)を見たことはありますか?

そもそも人工衛星が見えるの?と思われる方も多いでしょう。

人工衛星を地上から見ると飛行機が飛んでいるように見えます。

人工衛星と飛行機を見分けるためには、その光り方に注意してみましょう。

飛行機は点滅しながら移動していきますが、人工衛星は点灯したまま移動していきます。

 

人工衛星は自ら光を発しているわけではありません。

太陽の光を反射して輝いています。

ISSは巨大な人工衛星ですので反射する面積も大きく、

条件によっては一番明るい1等星シリウスより明るく輝く時もあります。

ただし、夜の間、ずっと観察できるわけではありません。

ISSに太陽の光が当たっている間、つまり日の出と日没後の2時間ほどが観察できる時間です。

 

ISSの観察情報は「JAXA(宇宙研究開発機構)のホームページ」(外部リンク)にわかりやすく掲載されています。

今は、岐阜市科学館で行われる、多くの人が集まる「星を見る会」はお休みしていますが、

皆さんも、是非、「おうちでISS観望会」をしてみてくださいね。

おうちでISS