当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

岐阜市史現代Ⅱ刊行記念講演会を開催します

岐阜市史現代Ⅱ刊行記念講演会を開催します
(2019年10月10日更新)
 

 今年3月に完成した『岐阜市史現代Ⅱ』の刊行を記念し、公文書管理に関する研究や象徴天皇制研究の専門家として多くの論考や著書をてがけ、マスメディアへの出演も増えている瀬畑源(せばたはじめ)氏を講師にお迎えした講演会を開催します。

※当日は、『岐阜市史現代Ⅱ』で使われた写真の展示や会場での市史の販売も行います。

 

  1 日時 11月3日(日・祝)午後1時30分〜3時30分(午後1時開場)

  2 場所 ぎふメディアコスモス「かんがえるスタジオ」(司町40-5

  3 内容・講師

  公文書管理と地方自治体公文書はなぜ残さなければならないのか

  瀬畑 源 氏(成城大学非常勤講師)

講師プロフィール

○専門分野

 日本近現代史(公文書管理、象徴天皇制)

○主な著書

・『公文書をつかう―公文書管理制度と歴史研究』青弓社、2011年 

・『国家と秘密 隠される公文書』集英社新書、2014年(共著)

・『平成の天皇制とは何か―制度と個人のはざまで―』岩波書店、2017年(編著)

・『公文書問題 日本の「闇」の核心』集英社新書、2018

・『公文書管理と民主主義』岩波ブックレット、2019

 sebata

4 定員  80人(入場無料)
5 申込み方法
 往復はがきに「市史講演会申込み」と明記し、郵便番号、住所、氏名、電話番号と参加人数、返信表面にも郵便番号、住所、氏名を記入して 10月25日(金曜日)(必着)までに〒500-8720岐阜市神田町1-11岐阜市教育委員会社会教育課へ。申込み多数の場合は抽選。

 

6 その他    岐阜市史現代Ⅱの概要は「市史の刊行について」を参照してください。