当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

道三学フォーラム(第13回信長学フォーラム)

道三学フォーラム(第13回信長学フォーラム)
(2019年9月3日更新)

           

1539年頃、稲葉山に城を構えた道三は、町を取り囲む惣構を築くとともに、街路を整備し人を集めるなど、本格的な町の整備を行いました。井口(いのくち)と呼ばれたこの城下町が現在の岐阜の原点です。道三のまちづくりは、その後の織田信長や明智光秀、豊臣秀吉のまちづくりにも影響を与えたと考えられます。
 今回は、大河ドラマ「麒麟がくる」放送決定を受けて、明智光秀と関わりが深い斎藤道三に焦点あて、『道三のまちと城』について考えてみたいと思います。 

フォーラムチラシ

 
▼詳しくご覧になりたい方は、こちらのファイルをご利用ください。

道三学フォーラムチラシ( pdf : 5415KB )

フォーラムの開催概要

場所:じゅうろくプラザ ホール(岐阜市橋本町1丁目10番地11)
日時:令和元年11月23日(祝日)午後1時~午後4時30分(開場午後0時30分)
講演:「東海の戦国史 ~道三時代を中心に~」小和田 哲男(静岡大学名誉教授)
特別上演:「道三塚の物語 ~戦国時代の装束とともに~」
      安田 多賀子(和の未来 理事長)、淺野 公藏(構成)
パネルディスカッション:「道三のまちと城をめぐって」

  山村 亜希(京都大学教授)

  木下 聡(東京大学助教)
  三宅 唯美(恵那市役所)
  石川 美咲(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館)
  内堀 信雄(岐阜市教育委員会、コーディネーター)
主催:岐阜市
◆過去の信長学フォーラム記録集は、フォーラムの当日に販売するほか、岐阜市歴史博物館にて実費配布を行っております。(1冊300円、第1回~第11回の合冊記録集2,500円)

申し込み方法

往復はがき(1人1枚、重複申込みは不可)に下記のとおり記入して、岐阜市教育委員会社会教育課(※下記連絡先参照)にお申し込みください。
○往信面(表):岐阜市教育委員会社会教育課宛の住所
○往信面(裏):「道三学フォーラム申し込み」と明記の上、応募者の氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号
○返信面(表):応募者の郵便番号、住所、氏名
○返信面(裏):何も記入しないでください。抽選結果、参加方法などを印刷してご返送します。
◇申し込みいただいた方の個人情報は、本フォーラムに関することにのみ使用させていただきます。
◇往復はがき以外での申し込み(電話等)は原則承っておりませんので、ご了承ください。

※10月1日から郵便料金が値上げされます。(はがき62円→63円)

 9月中の投函であっても、返信分は63円(1円プラス:切手追加)となります。

 10月以降の投函では、改定料金でお願いします。

申し込み締め切り:令和元年10月21日(月曜日)(必着)

連絡先

〒500-8720 岐阜市神田町1-11
岐阜市教育委員会 社会教育課 歴史遺産活用推進係
電話:058-214-2365