天文スタッフ日記

天文スタッフ日記

お帰りなさい!油井亀美也宇宙飛行士!!

2015年12月12日

地上400kmの宇宙空間にあり、90分で地球を1周する国際宇宙ステーション(以下、ISS)。

サッカー場一面程の大きさのISSには常時宇宙飛行士が滞在し、
様々な研究や実験を行っています。

7月23日からISSで滞在している日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんは、
半年余りの宇宙での生活を終え、今月11日に地球へ帰還しました。

そこで油井宇宙飛行士が宇宙に滞在している今月7日にISSの写真を撮影しました。

ISSは太陽の光に照らされて大変明るく輝いて見えます。

みなさんは夜空を飛ぶ飛行機の光を見たことがありますね。

ISSの光は飛行機の明かりと同等か、もしくはそれ以上の明るさに見えます。

しかし、飛行機とISSでは光り方に大きな違いがあります。

飛行機の光は点滅しながら移動していきますが、
太陽の光に照らされているISSは光り輝く点が移動しているように見えます。

まるで夜空に輝く星が移動しているようです。

さらに、地球の影に入ると太陽の光が当たりませんから、
突然見えなくなり不思議な感じがします。

写真のISSの軌跡が点線のように見えますが、
これは撮影した画像を何枚も重ね合わせたからです
(この写真は17時33分44秒から17時35分00秒間に撮影した58枚が重ねてあります)。

携帯電話のカメラ機能を使って点像として撮影することもできますので、
ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ISSを見るには正確な位置と時刻の情報を手に入れなければなりません。

各種検索エンジンを用いて「きぼうを見よう」のキーワードで検索すると
JAXAのHPが見つかります。

そこに『「きぼう」/ISS:観測地から選ぶ』とありますので、
お住まいの地域を選択して情報を得てくださいね。


ISS