当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

岐阜市制100年のうた「蒼い流れに」

岐阜市制100年のうた「蒼い流れに」
 「蒼い流れに」は岐阜市制100年を記念し、岐阜市のイメージソングとして加藤登紀子氏が作詞・作曲した作品です。
 非営利での利用目的に限り、CDによる音源の貸出を行っております。詳細は下記お問い合わせ先までご連絡ください。

蒼い流れに

作詞、作曲:加藤登紀子

蒼い流れに身をしずめて
哀しみこらえた人もあろう
めぐる時代のかがり火を
うつしてあふれる長良川

水の流れは祈りのうた
つきせぬ願いを抱いてうたう


サルビア アオギリ ツブラジイ
街並をそめて時は流れる
とどかぬあこがれ胸にあふれて
走って登った金華山

空の広さに手をひろげて
はるかな大地を感じるため


朝もや流れる川のほとり
かすかにゆれてる鵜飼舟
紅柄格子の 軒先から
ねむりをさまして走る自転車

あまりになつかしわがふるさと
いつまでもかわるな岐阜の街