当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

みんなで防ごう!高齢者の交通事故

みんなで防ごう!高齢者の交通事故
(2014年5月21日更新)

 高齢者(特に歩行者・自転車利用者)の交通事故が目立ちます。悲惨な交通事故を防ぐため、高齢者の行動特性を理解し、高齢者は安全通行、ドライバーは安全運転に努めましょう。
▼高齢者(歩行者・自転車利用者)のみなさんへ

体力の変化を認識し、無理をしない、安全な行動をしましょう。

 ・  横断歩道を利用する
 ・  慣れた道でも左右の安全確認をする
  (自宅近くの道路を横断中の事故が多発!)
 ・  横断中も車の動きに注意する
 ・  夕暮れ、夜間は反射材用品を着用する
 ・  自転車も車の仲間。夜間はライト点灯、交差点では信号を遵守する
▼ドライバーのみなさんへ

高齢者を見かけたら、その特性を理解して、減速・徐行するなど思いやりのある運転をしましょう。
 ・  道路の横断に時間がかかる
 ・  自宅近くでは車に対する警戒心が薄い
 ・  視野が狭くなり車の発見が遅れる
 ・  横断中に安全確認を怠りがち
 ・  風や自動車の通過等により転倒しやすくなる 
 

◆こちらの画像を右クリックして、名前をつけて画像を保存し、広報紙などにご活用ください。
反射材を身に着けた画像高齢者の方が道路を横断する画像