天文スタッフ日記

天文スタッフ日記

環天頂アークを撮影しました

2013年5月4日
早朝の東空天頂近くに、「逆さ虹」とも呼ばれる「環天頂(かんてんちょう)アーク」が出現しました。
上空の氷の粒による光の屈折で見られる現象で、日の出後の2時間前後の東空、日没前の2時間前後の西空に見られるものです。
この日は、環天頂アークの下側に接する円弧「外暈(そとかさ・がいうん)」やその下にある円弧「内暈(うちかさ・ないうん)」、 内暈の両側に光の塊「幻日(げんじつ)」も見られました。
(小森)

環天頂アーク
 ・環天頂アーク


幻日
 ・幻日

(撮影日:平成25年5月4日(土)6時32分)