当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

生ごみを堆肥にしよう

生ごみを堆肥にしよう

家庭から出る普通ごみの約3割は生ごみです。
岐阜市では、生ごみの減量・資源化を進めるため、各ご家庭で手軽に実践できる「ダンボールコンポスト」の普及を進めています。

ダンボールコンポストとは

ダンボールコンポストとはダンボール箱の中に基材(ココピートともみ殻くん炭)を入れて、基材の中の微生物に生ごみを分解させ、堆肥にする方法です。
ダンボールコンポストの仕組み

食の循環の仕組み

  生ごみが堆肥になり、その堆肥をつかって野菜を育て収穫することができます。
 ダンボールコンポストを利用すれば、生ごみを「ごみ」として捨てる必要がなくなります。

 

循環する様子

ダンボールコンポストにチャレンジしよう~毎日簡単!3STEP!!

STEP1 基材の真ん中部分に穴を掘り、生ごみを入れよう。
 基材の真ん中に穴を掘る 生ごみを入れよう
STEP2 生ごみがかくれるくらい基材をかぶせて軽くかき混ぜよう。
生ごみがかくれるくらい基材をかぶせよう軽くかき混ぜよう
STEP3 虫よけや保湿のため、上からキャップをしっかりかぶせよう。
上からキャップをしっかりかぶせよう。

約3か月間、毎日生ごみを入れられます。
その後は、生ごみの投入をやめ、3週間熟成させて堆肥にします。
熟成させよう
  できた堆肥を使おう

においもすくないよ

 

詳しくは以下のチラシをご覧ください。

 

ダンボールコンポスト講座のご案内

 
毎月定期的に、市内各所で「ダンボールコンポスト講座」を開催しています。

講座の受講を希望される場合は、毎月1日号の広報ぎふで日時等をご確認いただき、低炭素・資源循環課までご連絡ください。