天文スタッフ日記

天文スタッフ日記

11月28日に、「半影月食」が起きました

2012年12月15日

平成23年12月10日には、皆既月食が起こり、赤銅色に赤く輝く月を見た人もいたと思います。
実は、今年11月28日にも月食が起きていたのです。
その月食は「半影月食」といいます。
「半影月食」とはどんな月食なのでしょう?月食

写真を見てみると、22時30分、23時、23時30分と時間が経過するにつれて、月の左上が暗くなっていきます。
「半影月食」とは、満月が地球の薄い影(半影)を通過するときに、少しだけ暗くなる月食なのです。
地球の濃い影(本影)を通過する皆既月食や部分月食のように、月が欠けたりはしないので分かりにくい月食です。
しかし、影の奥まで月が入る23時30分頃には、肉眼でも月が部分的に暗くなっているのが分かりました。
ちなみに岐阜で見られる、条件のよい月食は2014年10月8日の皆既月食まで、待たなくてはいけません・・・。
(加藤)