天文スタッフ日記

天文スタッフ日記

国際宇宙ステーションの通過を見てみよう

2012年10月31日

 

ISS 
 

科学館から撮影した、国際宇宙ステーションの軌跡
(画面を右から左に横切ったもの)
※破線となっているのは、連続撮影を1枚に合成したためです。


10月末の数日間、日没後に国際宇宙ステーションの通過が見られました。
国際宇宙ステーションはISSとも呼ばれ、地上約400キロメートル上空にある国際的な施設です。
地球を約90分間で一周するほど、そのスピードは速く、日本列島を数分間で通過してしまいます。

写真の画面を左右に横切っている光の軌跡が、宇宙ステーションです。
(それ以外の軌跡は飛行機などのものです。)
国際宇宙ステーションは、明るく輝くので見える時刻と方角さえ分かれば、街中からも見ることができます。
宇宙ステーションは飛行機くらいの速さで通過しますが点滅はしません。
方角によって明るさが変わり、地球の影に入るため空中で、ふっと消えてしまいます。
JAXAのホームページで手軽に調べることができますので、興味がある方は観望してみてはいかがでしょう?
http://kibo.tksc.jaxa.jp/

(加藤)