自転車に乗りながらの携帯、傘差し、ヘッドホン・・・”ながら運転”には罰則が!

自転車に乗りながらの携帯、傘差し、ヘッドホン・・・”ながら運転”には罰則が!
(2014年3月6日更新)

 携帯電話などをしながらの運転は、事故につながり大変危険です。また、危険運転には次の罰則があります。

 

【主な罰則など】

  ・携帯電話などを使用しながら、ヘッドホンで音楽を聴きながら、あるいは傘を差しながらの自転車の運転

    夜間の無灯火運転

     ⇒5万円以下の罰金
    信号無視
    ・一時停止違反

     ⇒3ケ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
    酒酔い運転
     
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
    ・その他、二人乗り、道路右側の路側帯を通行するなどの行為についても罰則があります。
 

   

◆こちらの画像を右クリックして、名前をつけて画像を保存し、広報紙などにご活用ください。