当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

令和元年度「歯やお口に関する川柳」受賞者決定しました

令和元年度「歯やお口に関する川柳」受賞者決定しました
(2019年12月3日更新)

応募総数2,163作品の中から、小・中学生部門と一般部門の入賞作品を紹介します。

小・中学生部門


最優秀賞

saisyou

<コメント>
 わたしの学校では、給食後の歯みがきの時間に、「みんなでめざそう8020」の音楽が流れます。歌のように、80才まで自分の歯を20本残していきたいので、しっかり歯みがきをして、虫歯のないようにしたいです。

 今、わたしは虫歯ゼロですが、定期けんしんをしながら、歯の健康を守っていきたいです。

 優秀賞
yusyouha
 

<コメント>
 僕は、自分の歯でいつまでも食べたいと思いました。それと、自分の歯は大切なパートナーであり続けてほしいという2つの思いをこの作品に込めました。自分の歯でいつまでも食べていくには、毎日の歯磨きは必要不可欠であると考えます。だから僕は、これからも毎日毎日歯を磨きつづけ、おじいちゃんになっても自分の歯で噛んで食べることの嬉しさを感じられるようにしたいです。

一般部門


最優秀賞
saiipan

<コメント>
 口と健康寿命の関わりは、既に離乳食期から始まっているのかもしれない。「よう噛んで食べなさいよ」と母から言われて身についた、奥歯でしっかり噛む習慣は一生物だ。噛む事は、脳への刺激や口腔内の活性、更には心を落ち着かせたり、スポーツに生かせる瞬発力や持久力をも育てる等々、気付かない内に心と身体に役立っている。しっかり噛める日々を大切に。虫歯は治療を。義歯は調整。定期的なメンテナンスで健康寿命を実感できる日々で有りたい。


優秀賞
yuipan
haha

<コメント>
 (1)正しい歯磨きをし、頬と顎のマッサージをして、鏡で健康確認し笑顔になります。

 (2)バランスの良い食事をよく噛んで食べ、口の周りの自律神経と脳に刺激を送り、誤嚥予防をしています。

 (3)人とのつながりを大切にするために、おしゃべりの内容を磨き、学び合えることを心がけています。

 以上3点を心がけ実践しています。

 

小・中学生部門 入選作品

むし歯令で 心身共に 和を保つ  林 大翔さん
歯並びを ほめられ親の 恩を知る 熊田 裕謙さん    
歯ブラシの 毛先がダンス 替え時だ 深尾 色さん    
ハミガキで すみからすみまで パトロール 和仁 優虎さん   
ありがとう しあげみがきで ピッカピカ たかい さわさん
歯のチカラ おいしく食べる バロメーター ペンネーム ひめさん
きれいな歯 わが家のきまり 「口とじて!!」 秋山 獅王さん
歯並びが 良くなり笑顔に 自信でた  武子 廉さん
食べ物を かみしめるとき 歯に感謝 齋藤 百花さん
むしばきん はみがきしないと ふえちゃうよ  白木 芭奈さん         

一般部門 入選作品

丈夫な歯 お陰で楽し 食事会 

片岡 月子さん

歯が命 しあわせ紡ぐ グルメ旅 小林 勝志さん
お見合いの 自己PRで 歯を自慢 ペンネーム ゆりさん
食卓を 噛む音競い 盛りあげる 宇佐美 光代さん
ハブラシを 持つ手かわいや 初節句 髙井 麻紀さん
残こる歯を 愛しみ食後 歯を磨く 沢田 康子さん
磨こうね それが我が家の 合言葉 竹中 浩一さん
むし歯無し うるさい親に 今感謝 堀 正干さん
歯が丈夫 からだの丈夫と 比例する     小林 光枝さん
百までも 食べる楽しみ 歯は命 堀部 紀夫さん