当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

改正民法施行後(成人年齢18歳)も、岐阜市の「新成人を祝い励ます会」(成人式)は、20歳で開催します

改正民法施行後(成人年齢18歳)も、岐阜市の「新成人を祝い励ます会」(成人式)は、20歳で開催します
(2019年5月10日更新)

 平成30年6月に、民法が改正され、成人年齢20歳から18歳となりました。

 この法律が、令和4年4月から施行されます。

 そこで、「新成人を祝い励ます会」(成人式)のあり方について、関係者にアンケートを取るなど

検討を進めてきました。18歳の青少年の多くは、学習やスポーツ、就職活動などに時間を優先的に使っており、実情等を総合的に検討したうえで、「新成人を祝い励ます会」(成人式)の対象をこれまで通り、20歳とすることとしました。

 
  

<お知らせ>

 令和元年度「新成人を祝い励ます会」は、各自治会連合会が主催し、

令和2年1月12日(日曜日)に開催されます。

 対象者平成11年4月2日~平成12年4月1日生まれの方です。

 開催時間・場所、現在岐阜市に住民票のない方(非居住者)の参加方法など、詳細については、広報ぎふ11月1日号(予定)でお知らせします。