当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

災害弔慰金

災害弔慰金
(2016年12月1日更新)

市民の方が災害によりお亡くなりになられたときに、お亡くなりになられた方のご遺族に災害弔慰金を支給します。
「災害」とは、暴風や豪雨、豪雪、洪水、地震、その他の異常な自然現象をいいます。
支給にあたっては、お亡くなりになられた方の情報を確認した上での支給となります。

 ◆対象災害
  ・1市町村において住居が5世帯以上滅失した災害
  ・都道府県内において住居が5世帯以上滅失した市町村が3以上ある場合の災害
  ・都道府県内において災害救助法が適用された市町村が1以上ある場合の災害
  ・災害救助法が適用された市町村をその区域内に含む都道府県が2以上ある場合の災害

 ◆受給遺族
  ア.配偶者、子、父母、孫、祖父母
  イ.死亡した者の死亡当時における兄弟姉妹
    (死亡した者の死亡当時その者と同居し、又は生計を同じくしていた者に限る。)

 ◆支給額
  ア.生計維持者が死亡した場合500万円
  イ.その他の者が死亡した場合250万円

  (参考)岐阜市災害弔慰金の支給等に関する条例(173KB)
      岐阜市災害弔慰金の支給等に関する条例施行規則(173KB)


 ◆災害関連死とは
  自然災害の影響による負傷又は疾病、既往症の悪化などによる死亡で、自然災害と死亡との間に相当な因果関係が
 認められるもの。

  (参考)岐阜市災害関連死認定基準(226KB)