当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

医療費が高額となった場合、払い戻しとなりますか?

医療費が高額となった場合、払い戻しとなりますか?
(2018年7月1日更新)

1か月(同じ月内)の医療費の自己負担限度額が下表の限度額を超えた場合、申請(初回のみ)すると限度額を超えた分を高額療養費として支給されます。

初回該当で対象となった場合は岐阜県後期高齢者医療広域連合より申請書を送付します。

 

●入院時の食事代や、保険がきかない差額ベッド代などは支給の算定対象外となります。

 【平成30年7月まで】

            区分                     1か月の自己負担限度額
     外来
(1人あたり)
  外来+入院(世帯単位)
  3回目まで 4回目から※2
住民税
課税世帯
現役並み所得者 57,600円 80,100円 44,400円
※総医療費が267,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算
一般 14,000円
(年間上限144,000円)3
57,600円 44,400円
住民税非
課税世帯
II※1 8,000円 24,600円
I※1 15,000円

【平成30年8月から】
      区分       1か月の自己負担限度額
外来
(1人あたり)
外来+入院(世帯単位)
3回目まで 4回目から※2
住民税課税世帯 現役並み所得者 III 252,600円 140,100円
(住民税課税所得690万円以上) ※総医療費が842,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算
II 167,400円 93,000円
(住民税課税所得380万円以上) ※総医療費が558,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算
I 80,100円 44,400円
(住民税課税所得
145万円以上)
※総医療費が267,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算
一般 18,000円
(年間上限144,000円)3
57,600円 44,400円
住民税非
課税世帯
II※1 8,000円 24,600円
I※1 15,000円
※1 「区分I」は世帯全員が年金受給額80万円以下、かつ所得0円である場合で、「区分II」は「区分I」の基準を満たさない住民税非課税世帯である場合に該当します。

※2 過去12か月以内に「外来+入院」の限度額を超えた支給が3回以上あった場合、4回目以降の限度額となります。

※3 8月~翌年7月の年間限度額となります。
※ 75歳になり後期高齢者医療制度に移行した月の自己負担限度額については、負担増にならないよう、それぞれ限度額が2分の1となります。(各月1日生まれの方は対象外です。)

 ※ 「区分I」、「区分II」の方がそれぞれの自己負担限度額の適用を受けるためには「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になります。また平成30年8月から「現役並み所得者I」、「現役並み所得者II」の方がそれぞれの自己負担限度額の適用を受けるためには「限度額適用認定証」が必要になります。

●詳細につきましては、岐阜県後期高齢者医療広域連合ホームページでご確認いただけます。

  ※トップページ → ◆しらべる →受けられる給付 →医療費が高額になったとき