当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農地を貸すと離作補償などを要求されると聞きましたが、期限付きで必ず返してもらえる方法はありませんか?

農地を貸すと離作補償などを要求されると聞きましたが、期限付きで必ず返してもらえる方法はありませんか?
(2009年11月27日更新)
手続き・サービス等の名称 農地銀行
農業経営基盤強化促進法関係
手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答

市街化調整区域内の農地については、期限付きで貸す制度があります。
これは農業経営基盤強化促進法に基づく利用権の設定という制度で、年2回受け付けています。
3年、6年、10年、15年、20年という期間で設定できます。更新する場合には再び申請が必要になります。

 

詳細は農林部農林政策課「利用権とは」をご覧ください。

届出申請期間 随時受け付けていますが、貸借の開始は毎年5月1日、11月1日となります。5月1日開始分の締め切りは1月末日、11月1日開始分の締め切りは7月末日となります。
対象者

市街化調整区域内の農地を持つ人
市街化調整区域内の農地を借りて農業経営を拡大したい人

申請書等様式  
持ち物 貸人と借人の連名で申請し、申請書には両者の「印鑑」が必要です。「ゴム・スタンプ印は不可」
窓口

手数料

無料
注意事項/
その他

 

関連リンク  

*ファックスによる問い合わせは、問合せ先を明記してください。