当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農地を相続しました。相続税の納税猶予を受けるにはどうしたらいいですか?

農地を相続しました。相続税の納税猶予を受けるにはどうしたらいいですか?
(2009年8月4日更新)
手続き・サービス等の名称 相続税の納税猶予に関する適格者証明書
手続き・サービス等の内容/
よくある質問の回答
  • 農業を営んでいた個人から相続、または遺贈によって農地等を取得し、引き続き農業経営を営む場合、一定の要件を満たせば、相続税の全部または一部の納税が猶予されます。
  • 相続税の納税猶予の申告は、申告期限の日までに税務署で行います。その際に農業委員会の証明する「相続税の納税猶予に関する適格者証明書」が必要となりますので、農業委員会へ適格者証明願を提出してください。
届出申請期間 相続税の申告期限(被相続人の死亡の翌日から10ヶ月)が終わる2ヶ月程度前まで
対象者 死亡の日まで農業経営をしていた人から農地を相続し、引き続いて農業経営を行う人。
窓口

手数料

無料
注意事項/
その他
  • 納税が猶予されている期間中に、農業経営を廃止したり、特例適用農地を譲渡、または他の用途に転用、他に貸し付けたりすると、猶予されている税額と利子税を収めなければならないので、注意が必要です。
関連リンク

*ファックスによる問い合わせは、問合せ先を明記してください。