当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

5月31日は世界禁煙デー

5月31日は世界禁煙デー
(2019年5月7日更新)

5月31日~6月6日は「禁煙週間」

令和元年度禁煙週間のテーマ
「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」



 毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定めた「世界禁煙デー」です。

 「喫煙」は、がんや心疾患、脳卒中、呼吸器疾患など様々な疾患のリスクになりますが、たばこを吸わない人も、他人のたばこの煙を吸わされる「受動喫煙」により、疾患にかかるリスクが高まることが明らかとなりました。

 日本では、年間約1万5千人が受動喫煙により死亡していると推計されております。また、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、受動喫煙対策の強化が求められており、平成30年7月には望まない受動喫煙の防止を図るため「健康増進法の一部を改正する法律」が公布されました。

 これにより、令和元年7月1日から学校、病院、児童福祉施設等、行政機関の庁舎は原則敷地内禁煙、それ以外の施設等は令和2年4月1日から原則屋内禁煙の義務が施設の管理者等や喫煙者に課せられることになります。

 また、屋外で喫煙する場合においても、歩きたばこや人が多く集まる場所などではたばこを吸わないといった望まない受動喫煙を防ぐためのルールを守らなければなりません。

 なお、「喫煙」及び「受動喫煙」による健康影響をなくすためには、禁煙に取り組むことが最も有効です。たばこは依存性が強いため、喫煙者1人の意志だけで禁煙することは難しく、喫煙者とその周囲の人(家族、地域の仲間、職場の同僚、医療者)が協力して禁煙に取り組むことが大切です。少しでも禁煙に取り組みたいと思われる方は、下記お問合わせ先までご相談ください。

 「世界禁煙デー」を機会に、たばこによる健康影響について考えてみましょう。

<外部リンク>

5月31日は「世界禁煙デー」(厚生労働省)

厚生労働省の最新たばこ情報(健康・体力づくり事業財団)

岐阜県内の禁煙治療に保険が使える医療機関(日本禁煙学会)

なくそう!望まない受動喫煙。(厚生労働省)