当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

身体障害者手帳について

身体障害者手帳について
(2019年9月1日更新)

Q1 身体障害者手帳とは?

A1 

 視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体不自由(上肢、下肢、体幹、脳原性運動)、 心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能、肝臓機能のそれぞれについて、 一定程度以上の永続する障がいがある方に対して交付しているものです。

Q2 手帳交付によってどんなサービスが受けられるの?

A2

 障がいがあっても生活するのに便利なように工夫されている日常生活用具や、障がいを補うための義足や車いす等の補装具の費用についてその一部が支給されたり、 その人の障がいに応じて給付されたり、人工関節の手術や人工透析といった医療(更生医療)、ホームヘルプサービスの利用などができます。また、電車、バス等の公共料金の割引や、税金の控除などが受けられます。

 対象になるかどうかは、それぞれの障がい、程度により異なりますので、詳しくは担当窓口までご相談ください。

Q3 手帳の交付を申請するには?

A3

 診断書(指定医師が診断したもの)に、印鑑、写真(たて4センチメートル、よこ3センチメートル)を添えて、担当窓口で手続をしてください。代理の方がみえる場合は、代理人の印鑑及び身分証明(運転免許証、保険証など)をお持ちください。指定医師については、担当までおたずねください。

身体障害者手帳取得の手続きについて_s.pdf( pdf : 76KB )

Q4 障がいが重くなったり、別の障がいを申請する場合は?

A4

 新しい手帳を交付しますので、診断書(指定医師が診断したもの)、印鑑、写真(たて4センチメートル、よこ3センチメートル)に現在お持ちの身体障害者手帳を添えて、担当窓口で手続をしてください。代理の方がみえる場合は、代理人の印鑑及び身分証明(運転免許証、保険証など)をお持ちください。

Q5 住所を変更する場合は?

A5

 岐阜市内で住所を変更された方は、身体障害者手帳と印鑑をお持ちになって、担当窓口で手続をしてください。 市外へ転出される方は転出先の市町村窓口におたずねください。

Q6 手帳を紛失(破損)した場合は?

A6

 写真と印鑑及び身分証明(運転免許証、保険証など。破損の場合は、現在お持ちの身体障害者手帳が身分証明となります)をお持ちになって、担当窓口で手続をしてください。代理の方がみえる場合は、代理人の印鑑及び身分証明(運転免許証、保険証など)をお持ちください。