当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう
(2019年5月24日更新)

 熱中症は、気温や湿度が高い環境で、体温調節がうまくできなくなることによって起こり、重症化すると生命に危険が及ぶ場合があります。
 体が暑さに慣れていないまま急に暑くなる今の時期は、特に注意しましょう。
 また、日頃から、無理のない運動やバランスのとれた食事をするなど、暑さにも対応できるような健康づくりに取り組みましょう。

  • 熱中症に注意しましょう(101KB)

  • 高齢者の熱中症を防ぐポイント(170KB )

  • 小児の熱中症を防ぐポイント(147KB)

    熱中症の主な症状

    ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り
    ○頭痛、吐き気、だるさ、体に力が入らない
    重症になると、
    ○意識がない、呼びかけに対し返事がおかしい、けいれん、からだが熱い など

    熱中症の予防方法

     ○のどの渇きを感じる前に、こまめに水分を補給する。
     ○通気性の良い服を着用する。
     ○屋外では帽子をかぶる、屋内では窓にすだれを垂らすなど、暑さを避ける。
     ○体調が悪い時には無理をしない。
     ○室内に温度計を置き、エアコンで室温をこまめに調節する(室内でも熱中症になる場合があります)。
     ○自動車内に小さな子どもだけを残して離れない(炎天下の自動車内は50℃から70℃になります)。

    熱中症が疑われるときは

     ○風通しの良い日陰、エアコンの効いている室内などへ避難する。

     ○衣服(衣類)をゆるめ、風通しを良くする。

     ○太い血管のある脇の下、両側の首筋、足の付け根を冷やすなどして、体温を下げる。

     ○水分・塩分を補給する。
     ※意識がない、呼びかけに対し返事がおかしい、水分を自力で摂取できないなど、上記対処法で改善しない場合には、救急車を呼びましょう。

    詳しく知りたいときには