戸石川水辺の楽校って?

戸石川水辺の楽校って?

自然豊かな地域に位置する戸石川において、2つのことを目指しています。

  1. 自然に配慮しかつ水辺に親しめるように整備するなどして、子どもたちが川で遊び自然を体験できる環境をつくりだす。
  2. 戸石川での活動を活性化させることで、子どもたちの自然とのふれあいや地域の皆さんの交流をより深めていく。

 水辺の楽校実施対象区間延長は、準用河川戸石川改修延長でもあるL=1,897mであり、河川改修にあわせて水辺の楽校の整備を行っていきます。
 また、水辺の楽校活動拠点は、戸石川での川遊びの中心となる、常磐小学校・戸石川親水広場と畜産センター公園との中間に位置していている地点で活動しています。

戸石川水辺の楽校案内図

戸石川水辺の楽校のこれまでの経緯<水辺の楽校活動拠点の整備> どのような水辺をつくるのか、構想段階から地元関係者や教育関係者で組織した戸石川水辺の楽校推進協議会を設立し、水辺の楽校活動拠点の基本構想、基本計画を協働でつくり、整備を進めました。
平成10年度

  「岐阜市・戸石川」として、水辺の楽校の市町村登録(国土交通省)

平成14年度

  戸石川水辺の楽校推進協議会設立、3回開催
  →水辺の楽校活動拠点の基本構想策定

  「戸石川水辺の楽校」として、子どもの水辺登録
  (子どもの水辺サポートセンター)

平成15年度

  岐阜版アダプト・プログラムぎふまち育て隊モデル事業覚書締結

  水辺の楽校推進協議会3回開催
  →水辺の楽校拠点の基本計画策定

平成16年度

  岐阜版アダプト・プログラムぎふまち育て隊覚書締結

  水辺の楽校推進協議会3回開催
  →水辺の楽校拠点の詳細設計

平成18年度

  水辺の楽校拠点整備完成

  「水辺の楽校推進協議会」から「水辺の楽校運営協議会」に名称変更

<川遊びイベントの実施>

 平成15年度から毎年1回、水辺の楽校運営協議会が主催する川遊びイベントを実施しています。

 毎年、常磐小学校や常磐保育園など、地域の児童、園児が参加しています。

戸石川水辺の楽校の様子戸石川水辺の楽校の様子