当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

「残留農薬のポジティブリスト制度」が施行されました!

「残留農薬のポジティブリスト制度」が施行されました!
(2010年6月7日更新)

農薬を使用される皆さんへ

農薬散布するときにはこれまで以上に気をつけましょう!

食品衛生法が改正され、残留農薬のポジティブリスト制度が平成18年5月29日からはじまりました。

この制度により

今まで設定されていた残留農薬基準値に加えて、基準値のなかった農薬に対しても、一律の基準値(0.01 ppm)が設定され、この基準値を超えると、生産物の出荷停止・回収などの措置が取られることになります。

農薬飛散低減対策を

今後、農薬散布を行う際は、目的とする作物のみならず周辺の作物についても、農薬が飛散し基準を超えて残留しないよう、次の注意などが必要です。

  1. 風の弱い時に散布する。 
  2. 散布の方向やノズルの位置。 
  3. 散布圧力を上げすぎない。 
  4. 散布量が多くなりすぎない。

なお、食品中に残留する農薬等の規格基準(残留農薬基準)に関することは、保健所食品衛生課(252-7194)へお尋ねください。

参考

農林水産省「農薬散布するときにはこれまで以上に気をつけましょう!」 (97KB)

岐阜県「新たな残留農薬基準と農薬飛散低減対策」(2452KB)