当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

主な対象施設と整備基準の概要

主な対象施設と整備基準の概要
(2008年11月6日更新)

岐阜県福祉のまちづくり条例では、不特定多数の人が利用する施設を「公共的施設」とし、そのうち一定規模以上の施設を「特定公共的施設」としています。事業者の皆様は、岐阜市内で特定公共的施設を新築等する場合は、整備基準に適合する計画として、工事に着手する前にその計画を市へ届け出て、工事が完了した際にはその旨を市へ届け出てください。

整備基準など詳しくは、建築指導課に資料が備えてあります。


岐阜県福祉のまちづくり条例の主な対象施設一覧

公共的施設

特定公共的施設



医療施設

すべて

娯楽施設(劇場・映画館)

すべて

娯楽施設(パチンコ等)

500平方メートル以上

物品販売店舗

300平方メートル以上

ホテル・旅館

300平方メートル以上

社会福祉施設

すべて

飲食店

300平方メートル以上

サービス業店舗

300平方メートル以上

官公庁

すべて

金融機関

300平方メートル以上

教育施設(学校)

すべて




公共交通機関

すべて

道路法による道路

すべて

公園・動物園・植物園他

すべて

路外駐車場

500平方メートル以上


岐阜県福祉のまちづくり条例の整備基準の概要

整備箇所

項目

細項目

内容

出入り口

玄関

90cm以上

開閉容易

廊下

廊下

120cm以上

車いす回転

50m毎及び末端

高低差

スロープ等

階段

階段

手すり

設置

構造

回り段禁止

エレベーター

設置

対象建物

延2,000平方メートル以上

仕様

かごの幅、奥行き

幅140cm以上、奥行き135cm以上

出入口幅

80cm以上

便所

車いす
使用者用
便房

対象建物

延1,000平方メートル以上

便座

腰掛け式

手すり

設置

駐車場

車いす
使用者用
駐車区画

対象

30台以上

位置

出入口の近く

3.5m以上

  • 工事の届け出事務の流れ

工事の届け出事務の流れ図