区画道路の取り扱い

区画道路の取り扱い
(2008年4月1日更新)

区画道路の決定

  無秩序な市街地形成を防止するために、あらかじめ道路等の施設を指定し、地区の基盤整備を進め、開発及び建築によって市街化が進行しても良好な環境を保有できる地区とすることを目的として決定しております。
  現道を最大限に利用することを土台に、概ね現道中心から両側拡幅を原則として区画道路(4.0~8.0メートル)を地区の状況に即した形で配しております。ただし、現道中心からの両側拡幅が困難な場合(現道沿いに水路敷地が1.0メートル以上有する場合等)は、基本的に対面拡幅とします。