「男女共同参画社会」ってなあに?

「男女共同参画社会」ってなあに?

 「男女共同参画社会」とは、「男女の人権が等しく尊重され、社会参加意欲にあふれた女性が自らの選択によって生き生きと活躍でき、男性も家庭や地域で人間らしい生き方を楽しめる、お互いが支え合い、利益も責任も分かち合える、いわば女性と男性のパートナーシップで築き上げる社会」です。これは単に女性が社会に進出するだけではなく、男性が家事や育児、地域での活動などにかかわることによって、人生の多様な喜びを発見することでもあります。職場や学校、地域、家庭など幅広い分野で、共同参画への取り組みを進めたいものです。


「男女共同参画社会基本法」

 少子高齢化などの社会情勢の変化に対応できる豊かで活力ある社会となるために、平成11年6月15日に国会で「男女共同参画社会基本法」が可決され、同月23日施行されました。


 この「基本法」の理念は


1 「男女の人権の尊重」

 男女とも個人としての人権が大切にされる

2 「社会における制度等についての配慮」

 性による役割分担を反映した現在の制度や慣行を中立的なものにしていく

3 「政策等の立案及び決定への共同参画」

 国や自治体、民間を問わず、政策の立案や決定は男女が一緒にする

4 「家庭生活における活動と他の活動の両立」

 どのような活動も家庭生活との両立をめざす

5 「国際的協調」

 女性にかかわる問題に国際的に連携して取り組むの5つです。