当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

駐車場法による路外駐車場の届出について

駐車場法による路外駐車場の届出について
(2008年10月30日更新)

1.設置の届出が必要な駐車場(駐車場法第12条)

 下記の3項目すべてに該当する駐車場は、駐車場法によりあらかじめ、その駐車場の位置・規模・構造等を届け出るように決められています。(届出の内容を変更する場合も同じです。)


路外駐車場※で自動車の駐車の用に供する部分のうち

  1. 一般の方々が利用される目的で設置されるもの(月極めを除く)
  2. (1)の部分の面積が500平方メートル以上あるもの
  3. 駐車料金を徴収するもの(有料時間貸し)

 ※路外駐車場…道路の路面外に設置される自動車の駐車のための施設であって一般公共の用に供されるもの

2.届出の事務手続

  1. 「路外駐車場設置(変更)届出書」と、「路外駐車場の届出に係る留意事項」(様式第2号)に記載してある必要図面等を3部(正本1部、副本2部)を作成し、都市計画課へ提出して下さい。
     (変更の場合の図面等は、変更部分の事項に係わる図面)
  2. 提出された届出書は審査を行い、設置される駐車場の現地調査を行います。
  3. 書類審査・現地調査の結果、法令等に合致しているものについては、審査済である旨を記した副本を交付します。
  4. 供用開始後10日以内に駐車場の管理規定を提出して下さい。

 ※ その他不明な点及び提出書類等は、担当へお尋ね下さい。


 書類の不備又は現地調査の際、是正指示等があった場合は副本の交付が遅れますので、あらかじめご承知おき下さい。