当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

建物を事業等の用途に使用する時は届出が必要です!(防火対象物使用開始届出書)

建物を事業等の用途に使用する時は届出が必要です!(防火対象物使用開始届出書)
(2018年4月23日更新)

申請書(書式)名

防火対象物使用開始届出書

概要

建物の全体や一部を、お店や事業所等(店舗、飲食店、宿泊施設、マンション、事務所等)の用途で使用する際には、使用を開始する7日前までに消防署へ届け出る必要があります。
(※規模等によっては届出が必要のない場合もあります。事前に管轄の消防署(予防係)にご相談、ご確認ください。)

取扱窓口及び時間

  • 各管轄の消防署
  • 担当員:予防係
    平日:午前8時45分~午後5時30分
  • 中消防署058-262-7166
  • 南消防署058-272-2012
  • 北消防署058-231-5308
  • 瑞穂消防署058-327-0119
  • 山県消防署0581-22-0119
  • 本巣消防署058-324-0119   

各消防署の所在地等

岐阜市消防本部の組織・所在地・連絡先

申請等に必要なもの

  • 建物の配置図
  • 各階平面図
  • 消防用設備等又は特殊消防用設備等の設計図書(消火器具、避難器具等の配置図を含む。)

※ただし、消防用設備等(特殊消防用設備等)の工事計画書を提出したものは上記添付書類は不要

  • 同一敷地内に2以上の棟がある場合には、棟ごとに『防火対象物棟別概要追加書類』(様式第8号)を添付
  • 印鑑

手数料

なし

手続きの根拠規定
(条例等)

岐阜市火災予防条例(第43条)
岐阜市火災予防規則(第7条)

申請書用紙サイズ

A4

ダウンロード

防火対象物使用開始届出書(54KB)
防火対象物棟別概要追加書類(同一敷地に2以上の棟がある場合の添付書類)(56KB)
防火対象物棟別概要追加書類(同一敷地に2以上の棟がある場合の添付書類)(11KB)

その他

使用しているお店等の用途や業態を変更したり、改装したりする際には、新たに消防用設備等の設置が必要となったり、新たな届出等が必要になる場合があります。事前に管轄の消防署(予防係)にご相談ください。