当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成24(2012)年7月9日から、登録原票記載事項証明書は交付できなくなりました

平成24(2012)年7月9日から、登録原票記載事項証明書は交付できなくなりました

平成24(2012)年7月9日から外国人登録制度が廃止となり、外国人住民の方も住民基本台帳に登録される新制度が始まりました。

新制度の開始に伴い、外国人登録の情報が記載してある「外国人登録原票」は法務省に回収されました。そのため、登録原票記載事項証明書は交付できなくなりました。


住民基本台帳に登録された外国人住民の方は、住所・氏名・生年月日・性別等を公証する「住民票の写し」の交付を受けることができます。

ただし、「住民票の写し」には、平成24年7月8日以前の居住歴、氏名・国籍の変更履歴、父母や配偶者の氏名、上陸許可年月日などは記載されません。


平成24(2012)年7月8日以前の居住歴、氏名・国籍の変更履歴、家族事項登録履歴(現在同一世帯にあるご家族は、国籍に関わらず世帯全員分の「住民票の写し」で証明できます)、上陸許可年月日など外国人登録原票の内容については市で証明することができなくなりました。確認したい場合は、ご本人が直接法務省に外国人登録原票の開示請求(「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づく)していただくことになります。


詳しくは下記にお問い合わせください。


法務省大臣官房秘書課個人情報保護係

〒100-8977 東京都千代田区霞が関1丁目1-1

電話番号:03-3580-4111


外国人登録法廃止後の外国人登録原票の開示請求に係るお知らせ