当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

障がい者手帳の交付を受けていますが、軽自動車税は課税されますか。

障がい者手帳の交付を受けていますが、軽自動車税は課税されますか。
(2019年4月26日更新)

手続き・サービス等の名称

軽自動車税(免除) 

手続き・サービス等の内容/
 よくある質問の回答

身体あるいは精神に障がいのある方が、健全な社会生活を営むことができるよう、生活手段として不可欠になっている軽自動車等については、普通自動車と軽自動車等のうちから1台に限り減免を受けることができます。
 障がいの程度によっては減免を受けることができない場合もありますので、詳しくは、直接お問い合わせください。 

届出申請期間

軽自動車税の免除を申請される方は、納期限(毎年5月31日。土・日の場合は翌日)までに申請書を提出してください。 

対象者

身体障がい者・精神障がい者(施設に入所したり、病院に入院している人を除く)

申請書等様式

軽自動車税免除申請書(障がい者等用)

持ち物

           
  • 自動車検査証
  • 身体障害者手帳等
  • 印鑑(朱肉を使用するもの。) 
  • 運転する人の免許証
  • 生計同一証明書又は常時介護証明書 ※但し、住民票が同一の場合は不要

※申請の際、個人番号(マイナンバー)の確認をさせていただきます。以下の1~3のいずれかの方法で提示をお願いします。

 1.個人番号カード

 2.通知カード及び運転免許証等の身元確認書類

 3.個人番号記載の住民票及び運転免許証等の身元確認書類

窓口

●税制課(本庁舎 低層部2階)
市役所庁舎内各課の配置のご案内

窓口時間

8時45分~17時30分 月曜日~金曜日
 (祝祭日および12月29日~1月3日を除く)

手数料

無料

注意事項/
 その他

 

関連リンク

担当課等

*電話、ファックスによる問い合わせは窓口時間内にお返事します。

*ファックスによる問い合わせは、問合せ先を明記してください。