事業改革

事業改革
(2018年3月30日更新)

1.目的

 平成27年2月に「岐阜市行財政改革大綱2015(以下、行革大綱という。)」及び「岐阜市行財政改革プラン(以下、行革プランという。)」を策定しました。

 この行革大綱及び行革プランに基づき、将来世代へ過度の財政負担を残さない財政運営を実現し、将来にわたり市民の信頼と期待に応える市政を継続して推進するため、行財政改革に取り組んでいきます。

2.事業改革について

(1)重要課題について、副市長を委員長とする重要課題検討委員会及び各部局に
   おいて調査・検討します。

(2)全事務事業については、各部において見直しを行うとともに、必要に応じて
   外部の有識者や市民の意見を聴取します。

(3)行革プラン(平成27年度~平成31年度)に定める具体的な取組事項の着実な
   推進を図ります。

 

市民意見の聴取

行財政改革推進会議

   事業の所管部署において、事業見直しの際に参考意見として活用します。

・学生意見の聴取会

   学生からの意見を聴取し、その結果を行財政改革推進会議の審議の際に参考意見として報告します。


3.成果

  令和元年度

  平成30年度

  平成29年度
  平成28年度
  
平成27年度
  平成26年度
  平成25年度
  平成24年度
  平成23年度
  平成22年度