バザー等における注意事項と届出

バザー等における注意事項と届出
(2021年6月1日更新)

岐阜市外での手続きについては、地域を所管する保健所へお問い合わせください。

バザー等の開催届について

祭り、イベント等のバザーにおいて、飲食物を取扱う場合に届出をしてください。

届出書類等

手数料

不要

備考

  • この行為が、営業に当たると判断される場合は、営業許可の取得(露店営業、臨時営業等)をお願いしています。
  • 屋外の営業については、取扱うことができる品目に制限がありますので注意が必要です。
  • 事前に食品衛生課へご相談ください。

バザー等における食品取扱注意事項

1 原則、屋内で調理しましょう
   屋外で調理する場合は、三方を囲うなど土ぼこりを避ける工夫をしましょう

2 冷蔵が必要な材料は、冷蔵庫や保冷バッグを使用して温度管理しましょう
   また、温度計で時々温度を確認し記録を残しましょう

3 使用する調理器具(まな板・包丁・ふきん等)は衛生的なものを使用し、必要に応じて熱湯等で消毒しましょう

4 水は、水道水などの飲用に適した水を使いましょう

5 食器は、できる限り使い捨て容器を使用しましょう

6 調理に従事する人と、お金などの受け渡しをする人は分けましょう
   清潔な服を着て、髪の毛はまとめ、爪は短く切りましょう
   また、指輪や時計などの装飾品は外しましょう

7 調理前・トイレの後・生肉を取り扱った後など、必要に応じて手を洗いましょう
   手洗いには、石けんと消毒薬を使いましょう

8 健康チェックを実施し、お腹の具合が悪い人(家族に同様の症状がある人を含みます)や

   手指に傷のある人は、直接食品に触れる作業を避けましょう

9 前日調理や作り置きはせず、早く食べ切るよう声を掛け合いましょう
   また、食物アレルギーの原因となる原材料について、情報共有に努めましょう

10  全体の衛生管理を監督する人を決め、その指示に従いましょう

11  材料の仕入れ先や仕入れ量の記録(伝票など)は、二週間程度保存してください
  参加者に、吐き気・腹痛・下痢等の、食中毒に似た症状が出た場合には、すぐに保健所へ連絡してください