妊婦への新型コロナウイルス感染症検査費の助成について

妊婦への新型コロナウイルス感染症検査費の助成について
(2021年4月8日更新)

 岐阜市では、新型コロナウイルス感染症に強い不安を抱える妊婦の方や、糖尿病などの基礎疾患を有する妊婦の方が、新型コロナウイルス感染症の検査を希望される場合に、検査費を助成します。

 また、検査により陽性となった妊産婦については、退院後に助産師等が訪問や電話での支援を行います。

 1 助成対象期間

 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

 2 対象者

 ・検査時に岐阜市に住民票がある妊婦の方
 ・うつ状態にあるなどの強い不安を抱える妊婦の方、又は基礎疾患を有する妊婦の方

 (慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患等を有する方)

 ※ただし、次に揚げる者は除く
  ・発熱など新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がある方
  ・感染症法に基づく検査(行政検査)の対象者

 3 実施場所

 県内の分娩を取り扱う医療機関から紹介される県内の検査実施機関

 4 検査の受け方

 検査を希望される方は、おおむね36週頃に分娩予定の医療機関で担当医師に相談し、検査にあたっての留意事項の説明を受けた上で、分娩予定日のおおむね2週間前から出産前までに、検査実施機関にて受検してください。

 5 検査費用

 検査に係る費用は無料です。(妊婦1回につき1回限り。)

 岐阜市妊婦の新型コロナウイルス感染症検査費補助金交付要綱( pdf : 181KB )

里帰り出産などで県外の医療機関で検査し自己負担した場合の助成(償還払い)について

 県外の医療機関等で、令和3年4月1日から令和4年3月31日までに、分娩前のPCR等検査を受け、その費用を自己負担された方は、申請を行うことで助成(償還払い)を受けることができます。

  ※簡易キットによる抗原検査については助成の対象外となります。

 1 助成上限額

  20,000円

 2 申請先

 〒500-8309 岐阜市都通2-19 岐阜市保健所 健康増進課

   問合せ先電話番号 058-252-7193

 3 必要書類

 ・岐阜市妊婦の新型コロナウイルス感染症検査費補助金交付申請書( pdf : 108KB )
 ・検査に要した費用の額を確認することができる書類(領収書等)
 ・預金通帳の写しその他の補助金の振込先の口座を確認することができる書類

 ・妊娠中に検査したことを確認することができる書類(母子健康手帳の妊娠の記録欄、出生届出済証明欄等)

 4 申請期間

 検査実施後から令和4年3月31日まで(必着)