社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画とは

社会資本総合整備計画とは、国の社会資本整備総合交付金を活用するために地方公共団体等が作成する計画であり、目標や目標を達成するために必要な事業等を記載したものです。

 

社会資本整備総合交付金とは、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則統合し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成 22年度に創設されました。交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備事業やソフト事業を総合的・一体的に実施するものです。

 

社会資本総合整備計画の事後評価

歴史まちづくり課では「岐阜公園再整備の方針及び考え方」に基づき、本格的な歴史公園として再整備を進めるため、社会資本総合整備計画を策定しており、その事後評価を行いましたので、その結果を公表します。

 

社会資本総合整備計画『岐阜公園再整備による歴史的風致の維持向上とにぎわいの創出』

(平成26年度~平成30年度)

社会資本総合整備計画書( pdf:954KB )

事前評価書( pdf:83KB )

事後評価書( pdf:1010KB )