廃棄物発電事業に係る経営戦略について

廃棄物発電事業に係る経営戦略について
(2021年3月25日更新)

岐阜市の廃棄物発電事業は、平成10年から東部クリーンセンターのごみ焼却余熱を利用して発電を行い、自家消費後の余剰電力を売却しています。将来にわたり安定的に事業を継続するため中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を策定しました。

 経営戦略( pdf : 82KB )