二酸化炭素消火設備の誤放出で人命が失われました

二酸化炭素消火設備の誤放出で人命が失われました
(2021年2月3日更新)

 令和2年12月、愛知県名古屋市内の立体駐車場、令和3年1月東京都港区西新橋の地下駐車場において、二酸化炭素消火設備の消火剤が誤って放出され、死者、負傷者が発生する事故が発生しました。

 同様の事故を絶対に起こさないよう、二酸化炭素消火設備の注意喚起リーフレットをご確認ください。

 二酸化炭素消火設備の注意喚起リーフレット(748KB)