第3回「市政モニター『ぎふCITYウォッチャーズ』などについて

第3回「市政モニター『ぎふCITYウォッチャーズ』などについて
(2012年3月15日更新)

テーマ「市政モニター『ぎふCITYウォッチャーズ』などについて

調査概要
質問1 「ぎふCITYウォッチャーズ」の募集をどこで知ったか
質問2 「ぎふCITYウォッチャーズ」に応募した理由
質問3 「ぎふCITYウォッチャーズ」の他にも岐阜市に対して市政への提案など意見を述べたことはあるか
質問4 どのような方法で意見を述べたか(質問3で「述べたことがある」と回答した場合のみ)
質問5 これまで意見を述べなかった理由(質問3で「述べたことがない」と回答した場合のみ)
質問6 これまでのアンケートについて全体の質問の難しさはどうだったか
質問7 設問数(10問程度)は多いか
質問8 アンケート調査はどのくらいの頻度で行うのが適当か
質問9 岐阜市政に関する情報を入手する際、どの情報メディアを利用することが最も多いか 
質問10 質問9で選択した情報メディアを特に利用することが多い理由
質問11 アンケートを通じてその他提言したい意見など

調査概要

1 調査目的

本年度から始まった市政モニター「ぎふCITYウォッチャーズ」について、みなさんのご意見をお聞きし、今後の運営に反映させていきたいと思います。また、みなさんの情報メディアの活用状況についてもお伺いします。

2 調査期間

平成24年3月2日(金)~3月9日(金)

3 回答者数/調査対象者数

128人/161人(約79.5%)

4 回答者の属性

性別

性別のグラフ
男性 49人
女性 79人

年代

年代別
20代 8人
30代 39人
40代 27人
50代 25人
60代 17人
70代 12人

職業
職業 人数
会社員 20人
自営業 7人
公務員 3人
団体職員 1人
自由業 2人
会社役員 0人
派遣社員 4人
パート 11人
家事 41人
学生 3人
無職 29人
その他 7人

質問1 「ぎふCITYウォッチャーズ」の募集をどこで知りましたか。

質問1の回答
(件)
1.市ホームページ 32
2.広報ぎふ 75
3.新聞 6
4.知人から 0
5.チラシ 14
6.その他 1
「2.広報ぎふ」が75件と最も多く、次に「1.市ホームページ」が32件、「5.チラシ」が14件と続いた。

質問2 今回、「ぎふCITYウォッチャーズ」に応募した理由を教えて下さい。(自由記述)

主な意見

アンケートへの興味・関心

  • どのようなアンケートをするのか等、気になったから。
  • 「広報ぎふ」を見ていましたが、市ホームページほとんど見たことがなかったので、いい機会だなと思い応募しました。

市政に意見を反映させ、役に立ちたい

  • 今まで「広報ぎふ」を見るだけでしたが、もっとなんかお役に立てたらと思いました。
  • 専業主婦の私でも岐阜市民として何か意見を聴いていただける場が欲しいと思ったから。

岐阜市のことをよく知りたい

  • 岐阜市に転入して10年たちますが、この町を簡単にかつ深く知ることが出来る方法になるのではと思い応募しました。
  • 応募することによって、従来以上に市政に関心が持てると思い応募しました。

岐阜に愛着がある

  • 岐阜に生れて岐阜に育ち岐阜が好き。これからも住みやすい自慢の出来る街でありさらに魅力ある街づくりに少しでも自分も関われたらいいと思ったから。
  • 県外、国外に住んで岐阜の良さを知り、もっと岐阜を好きになりたいと思い応募しました。

岐阜市の発展・活性化のため

  • 岐阜市の将来の文化・経済が発展していくよう微力ながら手伝いが出来ればと思ったから。
  • 岐阜がより住みやすい街になることを願って応募しました。

気軽に参加できそう

  • 在宅でも簡単に出来そうで、役に立てるかもしれないと考えたから。

謝礼

  • 子供たちと科学館などに行くことが多く、特典が欲しかった。
「市政の役に立ちたい」、「市政に参加したい」、「アンケートを通じて市政についてもっと知りたい」といった意見が目立ち、市政への高い関心が動機であることが多いと思われる。

質問3 「ぎふCITYウォッチャーズ」の他にも、岐阜市に対して市政への提案などのご意見を述べられたことはありますか。

質問3の回答
(件)
1.述べたことがある 25
2.述べたことはない 103
「2.述べたことはない」が103件と多く、「1.述べたことがある」は25件にとどまった。

質問4 【質問3】で1を選ばれた方にお聞きします。どのような方法で述べましたか。

質問4の回答
(%)
1.市長への手紙 23
2.パブリックコメント 4
3.Eメール 23
4.市ホームページのメールフォーム 15
5.その他 35
「5.その他」が35%と最も多く、「1.市長への手紙」と「3.Eメール」が23%と続いた。なお、「5.その他」には電話、窓口等で直接的に意見を述べたケースが含まれると思われる。

質問5 【質問3】で2を選ばれた方にお聞きします。その理由について、教えて下さい。

質問5の回答
(%)
1.意見を述べる方法を知らなかった 66
2.特に意見がなかった 26
3.その他 8
「1.意見を述べる方法を知らなかった」が66%と最も多く、「2.特に意見がなかった」が28%と続いた。

質問6 これまで2回のアンケートにお答えしていただきましたが、全体的に質問の難しさはどうでしたか。

質問6の回答
(件)
1.簡単だった 45
2.思ったよりも簡単だった 55
3.少し難しかった 23
4.難しかった 3
5.もうやりたくない 0
6.その他 2
「2.思ったよりも簡単だった」が55件と最も多く、「1.簡単だった」が45件、「3.少し難しかった」が23件と続いた。

質問7 「ぎふCITYウォッチャーズ」において設問数(10問程度)は、多いと思いますか。

質問7の回答
> (件)
1.多い 1
2.少ない 27
3.ちょうどよい 100
「3.ちょうどよい」が100件と最も多く、「2.少ない」が27件、「1.多い」は1件のみであった。

質問8 アンケート調査はどのくらいの頻度で行うのが適当だと思いますか。

質問8の回答
(件)
1.3か月に1回程度 39
2.2か月に1回程度 38
3.1か月に1回程度 46
4.1か月に2回以上 5
「3.1か月に1回程度」が46件と最も多く、「1.3か月に1回程度」が39件、「2.2か月に1回程度」が38件と続いた。「4.1か月に2回以上」は5件のみであった。

質問9 岐阜市政に関する情報を入手する際、どの情報メディアを利用することが最も多いですか。

質問9の回答
(件)
1.広報ぎふ 105
2.市ホームページ 13
3.新聞の報道 6
4.テレビの報道 0
5.ラジオの報道 1
6.フリーペーパー・タウン情報誌 3
7.その他 0
「1.広報ぎふ」が105件と最も多く、「2.市ホームページ」が13件、「3.新聞の報道」が6件と続いた。

質問10 質問9でのご回答について、特に利用することが多い理由を教えてください。(自由記述)

主な意見

広報ぎふ

  • 毎月自宅に配布されるので、読む習慣ができている。
  • 市政情報に関して、「広報ぎふ」は最も内容が充実しているから。
  • よくまとまっており、分かりやすいため。「広報ぎふ」は家庭に届くため、特に何を知りたいということがなくても、一通りは目を通す。その中で、有益な情報を得られることもよくある。一方で、HPは情報量が多いが調べるのに少々手間がかかる。また、「広報ぎふ」と違って何か目的がなければ見ることはない。「広報ぎふ」に載っていない場合にのみHPなど他の方法を利用することが多い。

市ホームページ

  • いつでも調べたいときに調べたいことを見ることができるという手軽さ。
  • 簡単にアクセス(情報入手)できるから。毎朝、注目・新着・募集情報をチェックしています。

新聞の報道

  • 毎日読んでいるから。
  • 新聞の地域版を毎日読んでいる。テレビのニュースの報道と同一内容であればより記憶に残る。
「毎日(号)自宅に配布される(新聞、広報ぎふ)」、「情報がコンパクトにまとめられている(広報ぎふ)」、「簡単にアクセスできる(市ホームページ)」など、「利便性」を理由とする回答が目立った。

質問11 本年度最後のアンケートとなりますが、今後の「ぎふCITYウォッチャーズ」の参考とさせていただきたいと思います。アンケートを通じて、その他提言したいご意見などがありましたら、お聞かせ下さい。(自由記述)

回答数

92件(回答率71.9%)

主な意見

市政への提言

  • 岐阜市の観光行政について、行政組織として観光にかかわる窓口が複雑すぎると思います。たとえば、岐阜公園は公園整備課(名称は間違っているかもしれません)観光案内所は岐阜市観光コンベンション協会、岐阜公園の総合案内所は岐阜市にぎわいまち公社等々で、各所で微妙な見解の相違が感じられ本当に観光行政に力を入れていく施策が考えられているのか疑問を感じます。これは、一例にすぎないと思います。縦割り行政の弊害と縄張り根性は必要最小限にとどめて各課のハードルを低くして風通しのよい行政施策の執行を願っています。
  • 本庁では違いますが、各事務所の職員の対応が悪いと感じることが多くあります。「知りません」「ここではありません」と堂々と言われますが(南部東事務所にて)、市民から見た場合、同じ“市役所”なのです。接客研修をするなどして、言い方や対応法に気をつけたほうがいいと思います。事務所の人も緊張感をもって市民に対応してほしいです。
  • 柳ケ瀬界隈の活性化(駐車場含む)が出来れば良いと思います。
  • 防災のため、岐阜市中心部以外の道路行政について早急に具体的対策を確立することを提言します。
  • 岐阜市の情報は「広報ぎふ」から、知ることが多いです。これからも、興味ある内容で読み応えがある情報を期待しています。

市政モニターについて

  • 市民の生活状況とか市職員の活動状況等身近な事や、少子化対策など他県との交流、市の改革状況等々もっと本音に迫った具体的なアンケートをしていただきたい。
  • アンケートの時期が、月のいつ(月初めとか、月末など)というのが決まっているとわかりやすいと思った。
  • 失礼とは思いますが、今までのご質問も含め、このような内容、回数で、はたして何の役に立つのか疑問を感じます。たとえば、教育・文化、土木、都計、環境等々それぞれの専門部署が、当面する課題について質問を作成し、調査されるのもいいのではないでしょうか。日々多忙の中、ご苦労も多いと思いますが、当たり障りのない形だけ、名前だけ(失礼)の市政モニターからの変革を期待しています。
  • アンケートであり回答選択なのは良いが、必須でなく具体的な項目(政策等)に対する意見を述べられる欄が有ると良いのでは。
  • 特に今、提言したい意見はありませんが、来年度も参加したい。
  • 今回アンケート結果をみたところ、さまざまな人が岐阜市に対して熱い思いを持っていることが分かりました。こういった声をぜひ良いほうに生かしていってほしいです。
  • 特には、ないですが、お役に立っているのでしょうか。アンケートに答えることで、岐阜のことをちょっと考えるようになりました。また、いろいろなアンケートに、答えてみたいです。